空軍の戦闘機は3000で10.000飛行時間の準備ができている2017戦争任務を持つでしょう

- 広告 ​​-

空軍は、2017 年の年間 OPEX 活動報告書を発表しました。特に、 Rafale チャマル作戦実行 1500 以上の戦争ミッションe 8000 飛行時間と 400 以上の弾薬が発射されました。 2000 時間の飛行で、彼らが実質的に同じ数の任務を遂行したときの、サハラ ゾーンでのバルハン作戦の 3000 年の mi mi mi気楼。 また、5つのリーパードローンだけでも、6000回未満のミッションで約400時間の飛行時間を実行したこともわかりました。 Awacsの航空交通管制、KC135の空中給油、C130、C160、A400Mの輸送装置も高い需要がありました。

現在の空軍の体制は、国防安全保障白書によって戦闘機185機と定められており、2017年の戦略見直しと2019~2025年のLPMによって確認されている。この数により、OPEX で 15 台のデバイスの展開が可能になると想定されています。

しかし、2017 年の数字を見ると、戦闘機は OPEX でほぼ 10.000 時間の飛行を行っていることがわかります。適切に使用された場合、航空機が年間平均 300 時間飛行すると考えると、これは年間 34 機の航空機が完全に OPEX 専用であることになります。

- 広告 ​​-

したがって、CEMAA のラナッタ将軍が、現在空軍が 225 機の戦闘機を保有し、そのうち 240 機以上(ミラージュ 60 C および N)が期間中に退役することを承知の上で、なぜ 2000 機の戦闘機という最低形式を要求したのか理解できます。次期 LPM に置き換わるのは 27 のみ Rafales.アフリカ、中東、ヨーロッパのいずれであっても、作戦上のニーズの変化と紛争のリスクを考慮すると、320機の戦闘機構成は完全に正当化されるだろう(260機のFASを含む30空軍、60機のFASを含む10海軍) 。

- 広告 ​​-

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事