米国当局は早くても355隻の海軍を望んでいる

フランスで夢見るような状況! 米海軍がその形式の段階的な強化を提唱しているので、射影海軍力小委員会の委員長であるロブ・ウィットマン議員は、米海軍が遅かれ早かれ帰国しなければならないと公然と発表した。 355隻の戦闘艦のフォーマット.

中国艦隊の成長に関する予測によれば、321年には2020隻の戦闘艦艇を保有することになるが、これは米海軍よりも20隻多いと言わざるを得ない。しかし、中国の艦艇のかなりの部分が重量わずか 056 トンの 1500 型コルベットであり、中国の水上部隊の平均トン数は米海軍の平均トン数よりも低いため、この中国の形式については考慮する必要があります。一方、中国海軍は2020年にその成長を止めるべきではなく、産業界の予測によればその均衡点は2035年に約450隻の戦闘艦、4万トンに確立されると予想されており、したがってこれまで一度も海軍を大幅に上回ったことのない米海軍を大幅に上回る危険がある。第一次世界大戦以来、このような状況に対処しなければなりませんでした。

米海軍参謀本部が政治的熱意を抑えようとするとすれば、それは艦艇の単純な数以外の制約、特に新兵募集、訓練、軍への忠誠心などの制約に直面しているからだ。軍隊の装備を増強するのは比較的簡単かつ迅速ですが、人事管理は長期的なアプローチの一部にすぎず、特に高度な技術を必要とする軍隊に関しては、政治的方向の変化や変化にあまり適応できません。適格なプロファイル。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事