サウジアラビアとアラブ首長国連邦がシリアに介入する可能性がある

サウジアラビアのアデルアルジュビエ外相は、国連での記者会見で、サウジ王国とアラブ首長国連邦は、 シリアでのイスラム軍事同盟軍の配備を検討していた。 この介入は、10日前のヨーロッパツアー中の王国の有力者で皇太子であるモハメッドベンサルマン王子の発言を反映しています。

この展開の目的は、イランがシリアへの拘束を実現するのを防ぐことであり、革命防衛隊は、バシャール・アル・アサドがシリアで支配を取り戻すことを可能にした最大の派遣団のXNUMXつを構成しました。

 シリア北部のクルド人に対するトルコの介入、南部のヒズボラとイランの陣地に対するイスラエルの攻撃、ダーイシュと金融庁の抵抗勢力の一部、そしてロシアと西側の介入の間で、シリアはまだ終わっておらず、ダーイッシュが排除されればさらに激化する可能性がある。

興味深いのは、イエメンの後、サウジアラビアとUAEが再びイスラム軍事同盟の運営において協力し、20カ国以上のスンニ派諸国を結集させ、政治的、経済的、軍事的な同盟に発展する可能性が十分にあることである。欧州連合のモデルとなり、世界的な地政学的主体となることを目指しています。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事