日本は将来の仏独海上哨戒機にP1を提案

アメリカ人がメディアを利用してドイツ政府にF-35購入への影響を与えようとしている一方で、今度は日本側が将来の航空機製造に関する独仏協定に仲裁しようとする番である。パトロール。こうして日出ずる国は、海上哨戒機と対潜戦闘機であるカワザキP1をXNUMX機をベルリン航空ショーに送り込み、 欧州プログラム開発のための「パートナーシップ」を提案 これはフランスの Atlantique 2 とドイツの P3-C Orion を置き換える必要があります。

しかし、フランスの対潜水艦戦と海上哨戒の技術は、産業面と運用面の両方の観点から、最高ではないにしても世界最高の部類に入る。米国(およびドイツ)を含む多くの国とは異なり、フランス海軍とタレスはこの分野で非常に高いレベルの技術を維持している。

仏独プログラムに自らを組み込むことを目的としたこのパレードは、必要であれば、世界の防衛産業が防衛産業の観点から仏独の接近をどの程度鈍く見ているかを示している。

さらなる

すべて

リゾー・ソシャウ

最新の記事

メタ防衛

無料
VIEW