スイスは空を監視し、ステルス機を探知するためにパッシブレーダーを選択する可能性がある

「AIR 2030」プログラムの一環として、スイス連邦は従来のレーダーシステムではなく配備の可能性を非常に真剣に検討しているが、 パッシブレーダー、人間の活動に関連した電磁放射を使用します。

このタイプのレーダーには、「ステルス」航空機を検出できるだけでなく、受動的な運用もできるなど、多くの利点があります。従来のアクティブ レーダーとは異なり、パッシブ レーダーは検出された航空機によって検出されないため、妨害やデコイなどの対策を講じることができません。 

一方、これらのレーダーが効果を発揮するには、携帯電話ネットワーク (TNT) によって生成されるような、人間由来の高密度の電磁放射が必要です。この密度はスイス領土で有効です。

ただし、パッシブ システムを唯一のソリューションとして使用することはできず、あらゆるシナリオに対応するには従来のアクティブ システムを維持する必要があります。

いずれにせよ、すでに観察したように、F22、F35、Su-57のようなステルス航空機の探知ツールは今後2030年間で普及すると予想されており、そのためこのステルス性は50年以降は大きな利点を示さなくなるでしょう。他のものよりもはるかに高価で、10 年を超えないステルス性を約束して XNUMX 年間使用できるデバイスを注文する準備をしているときに心に留めておくべき要素です。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事