短距離対空防御の必要性が西側軍に課せられている

ウクライナ危機後、バルト三国は国境におけるロシア軍の強化に直面して安全保障を強化するようNATOに訴えた。同盟の主力軍は、この保護を確実にするための手段を講じた。しかし、これまでの配備とは異なり、潜在的な敵であるロシア軍は重要な航空資産と技術資産を持っている。このようにして、多くの軍隊が、部隊の近接対空防御を含む、この種の交戦に固有の必要性を再発見しました。

米陸軍内では、 いくつかの短期的な解決策が実装されていますスティンガーミサイル、遅い飛行機、ヘリコプター、ドローンに対して効果的であるとされるヘルファイアロングボウミサイルを装備したストライカーMSL、または5Kwレーザーを装備したストライカーMEHELの再配備を含む。

フランス軍はミストラルミサイルを保有している。これはMANPADと搭載ミサイルの中間のミサイルであり、現在その近代化型が設計されている。 

しかし、フランスでは、米国、英国、ドイツと同様、ローランドやローランド2 のように機械化部隊を支援する解決策はもはや存在しません。西側諸国は制空権に基づく対空防御と、パトリオットやアスター30などの長距離ミサイルの使用を好む。しかし、これらの解決策はいずれも、非常に効率的なパンツィル、TOR-M1、および多数の対空砲を使用してロシア軍が享受している機械化機動に不可欠な即応性と柔軟性を提供していません。

おそらく西側企業は、脅威の範囲全体に対して有効な短距離ミサイルと有能な対空砲システムを装備した移動式装甲機械化システムで最初に市場に参入し、有望な将来市場の重要な部分を獲得することになるだろう。 。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事