米陸軍による自動迫撃砲のデモンストレーション

現代の軍事力のすべての構成要素と同様に、砲兵も今日急速な変化を遂げています。探知手段の進歩、弾薬の精度とその射程の増大は、新たな原則を生み出すだけでなく、新たな制約も生み出します。したがって、砲兵隊が展開し、弾薬を発射し、脱出するために利用できる時間は大幅に減少しました。 

Nexter が CAESAR 自走砲を開発するきっかけとなったのはこの観察であり、1 分以内に砲台に設置し、発射体を発射し、射撃ゾーンから避難できるため、反撃や反撃に対する脆弱性が軽減されます。

これと同じ観察が、 ADIM プログラムの一環として、Ardec Armements 社の自動 81mm 迫撃砲。 HMMWV 車両に搭載されたこの部品は、自動化された方法で、したがって非常に短時間で直接または間接射撃で目標を処理することができます。

現在、ロシアの銃がメートル精度で 70 km 以上離れた目標を攻撃できることを知ると、この能力は高強度の戦域で普及する可能性が高いと思われます。そのため、ネクスターは、今日でもフランスの軽砲兵部隊のいくつかに装備されている由緒ある 120 mm 迫撃砲を置き換えることを目的として、VBMR に搭載された同様の技術に取り組んでいます。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事