ロシアの長距離戦闘用無人機、間もなく試験を開始

- 広告 ​​-

控えめに言ってもロシアの防衛産業が慎重に取り組んでいる分野があるとすれば、それは空戦用ドローン、つまり無人戦闘航空機の UCAV の開発だ。現在 2 つのプロジェクトが知られています。

  • 5トンのソコル/トランザス武装偵察UCAVプロジェクト
  • 20トンスホーイ・オホートニク(戦闘機)プロジェクト

メーカーSuckhoiがプロトタイプが可能になると発表したため、今日私たちが興味を持っているのはこの最後のプロジェクトです。 年末までに飛行試験を開始する

このプロジェクトについては、重量が 20 トンのステルス戦闘無人機であることと、Su-57 との連携を目的としていること以外、ほとんど知られていません。 Su-31 と Su-27 に装備されているサターン Al30F エンジンを搭載し、時速 1000 km の亜音速に達し、6000 km という驚異的な航続距離を実現します。

- 広告 ​​-

この発表により、ロシアは競争に残り、米国、特に中国のプロジェクトに対抗する意向を示しており、後者は現在7つ以上のステルスUCAVプログラムを並行して開発している。

これはまた、ヨーロッパとフランスがニューロンの実証機でこの分野で有利なスタートを切ったとしても、当初は仏英で共同開発され、2030年に稼働予定だったFCASプロジェクトが仏独FCASに統合されれば、その勢いはすぐに薄れてしまうことを示している。試運転日が2040年に延期されたプロジェクト。

これが事実であれば、ヨーロッパは他の多くの主題と同様に、男性ドローンのシナリオを再現する危険性があるか、最初はかなり前から私たちをだましていたが、結局確信の欠如のために格下げされたことに気づくことになります。

- 広告 ​​-

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事