日本に続き、韓国もF35BをLHDに搭載したいと考えている

F-35 は、その形式と実行の両方において、非常に批判されやすいプログラムです。しかし、ロッキード航空機の存在を正当化するバージョンが 35 つあるとすれば、それは短距離または垂直離着陸バージョンである F-XNUMXB です。

米海兵隊、英国、イタリアの海軍航空はハリアーを代替するよう命令しており、米国のアメリカン級ヘリコプター空母、あるいは英国とイタリアの踏み板空母が実装する必要がある。この航空機は、荒れた滑走路でも運用できるという点で空軍からも注目されている。これはイギリスの場合だけでなく、イスラエルや台湾の場合も同様です。  

しかし、空母を持たないいくつかの国、そしてF-35Aの顧客も、当初は計画されていなかったが、最近、自国の空母から運用するF-35Bへの関心を表明した。これは日本の場合であり、新しいいずも型ヘリコプター搭載護衛艦からこれらの装置を配備することを計画しています。 韓国、独島型強襲揚陸艦から.

強襲揚陸艦から F-35 を一時的に展開することは確かに興味深い戦術的オプションであり、水陸両用地帯の近くに支援部隊を配置することが可能になるだけでなく、海軍部隊の航空援護を強化することもできます。しかし、長期間の運用維持となると全く別の問題になります。実際、F-35は現時点で最も複雑で時間のかかる整備を必要とする航空機の一つである。したがって、この船の乗船が長期化すると、彼らを迎える船や、同じく非常に多くの技術スタッフの受け入れに非常に大きな調整が必要となります。したがって、このオプションは建物のオーバーホールなしには実行できず、必然的にヘリコプターや突撃部隊の輸送などの艦船の他の能力を損なうことになります。

トルコはまた、将来のLHDアナドルからの配備などを目的としてF-35Bを取得したいと発表していたことに留意されたい。実際、ロシアによる今週のADAC/V戦闘機プログラムの存在の発表は、アンカラとワシントンの間の外交危機とトルコ軍へのF-35納入停止のさなか、非常にタイムリーに行われた。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事