中東における中国の戦略は国の野心を予感させる

経済力、軍事力、海軍力に加えて、アメリカの力は特に密集した同盟ネットワークに依存しています。したがって、世界の経済大国10カ国のうち5カ国(日本、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア)はワシントンと非常に緊密な同盟国である一方、中国はモスクワ(ランキング10位)とのつながりしか誇れないことになる。

しかし、中国政府はこの状況に満足する野心はなく、シルクロードプロジェクトを通じて、特に中東とアフリカにおいてますます重要な同盟ネットワークを構築している。中国ではいつもそうだが、米国やロシアとは異なり、発表やメディアの搾取もなく、物事は長期にわたって行われる。しかし、湾岸君主国、イラク、ジブチ、イランなど、中東における中国の存在感は増大し続けている。 

イランはまた、中国側の非常に特別な関心の対象でもあり、中国は米国の制裁にもかかわらずイランの石油とガスを購入し続けるだろう。しかし、この支援はモスクワに関しては、サウジやイスラエルの怒りを引き起こさないように完全に掌握され、制御されている。これが、テヘランへの武器売却契約が限定的かつ秘密のままである理由である。したがって、モスクワも中国もテヘランへの対空接近拒否システムの販売を認可していないが、この分野では両国ともサウジアラビア、カタール、アラブ首長国連邦で競争している。

しかし、中国にとって陸海空を問わず十分な兵力を展開できるようにするには、この地域のいずれかの国に同地域へのアクセスを開放してもらう必要がある。ジブチ基地は興味深い支援拠点ではあるが、アメリカとフランスの駐留により状況が悪化した場合には使用できない。中国政府が地域資本に供与した寛大な融資は、太平洋や東南アジアの場合と同様、中期的には非常に重要な圧力手段となる可能性がある。 

この状況の中で、私たちはエルドアン大統領のトルコが経済的、政治的孤立に向かっていることを忘れてはならず、経済的、政治的、軍事的観点からすれば、ロシアよりも中国の方が理想的なパートナーであると考えられるはずである。西側諸国との決別に対処する。 

このテーマについてさらに詳しく知りたい場合は、英語の記事を読んでください (4 分) – ぜひ読んでください。素晴らしい内容です。

https://nationalinterest.org/feature/how-china-trying-dominate-middle-east-29922?page=0%2C1

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事