米空軍はF-35以外の航空機への関心を否定

- 広告 ​​-

米国の二大メーカー、ボーイングとロッキードはいずれもF-22の強化とF-35の欠陥を補うための新型航空機について協議していたが、米国空軍はヘザー・ウィルソン国務長官を通じて次のように述べた。 提供された 2 つのデバイスのどちらにも興味がないことを否定.

彼女によると、米空軍は第15世代F4Xのような航空機に興味を持つつもりはないが、その目的は第5世代航空機の割合を保有機の50%に増やすことだという。しかし、1750機のF-35Aが発注され、180機のF22がラインアップすることで、米空軍の50機の戦闘機の2500%よりもはるかに多くの利点をもたらす可能性があることに注意すべきである。一方、これは、1150 年 2018 月のレポートで想定されている XNUMX 個の実質的な注文には適しています)。 

ボーイング社も、ロッキード社と同様、理由もなくそのような提案に応じなかったという事実は依然として残っている。 F-35のような航空機を主力とする空軍のメリットを疑問視する声が大西洋の向こうでますます高まっていることは明らかだ。英国のテンペスト、日本のF35、韓国のK-FXなどのF-3顧客国のプログラムはすべて、たとえそれがあまり考慮されていないステルス性や韓国のK-FXの一部を犠牲にしなければならないとしても、優れた航空性能に対する同じ要件を満たしています。効果が低い。

- 広告 ​​-

この否定を行うことにより、米空軍は何よりも、F15に対する35年間の無条件支援を維持してきた立場、特にヨーロッパにおける同機の成功に決定的な役割を果たした立場に忠実であり続けることになる。 

制空機と多目的および攻撃機との配分の点で、西側軍と中露軍の間に大きなギャップが生じていることに気付かざるを得ません。ロシア軍にとって、攻撃機 (Su-24/25/34) は艦隊の 20% にすぎませんが、制空戦闘機 (Su27/30/35) は保有する 65 機の戦闘機のほぼ 1300% を占めています。この数字は中国でも非常に類似しており、60% の優位性を持つ航空機 (Su27-30-35、J-11-16、および J-20) です。逆に、アメリカ空軍の場合、制空権を確保するために使用される航空機(F-20 および F-22C)はわずか 15% です。ヨーロッパではこのプログラムのおかげで Typhoon 防空に最適化されており、航空優勢航空機が艦隊の 40% を占めています (Typhoon、mirage2000 C/-5)、残りは主に多目的航空機(F16、F35、JAS39、 Rafale)。現在、攻撃機の数は非常に少ないです (トルネード、ハリアー、および少数の Su22 整備士)

結局のところ、今日の NATO 空軍は中国とロシアのカップルよりも制空機の数が少ないのですが、これは NATO 防衛計画において制空権がどの程度戦略的かつ重要であると考えられているかを知ると非常に驚くべき要素です。

- 広告 ​​-

私たちが想像するよりも近い将来、この拡大するギャップを埋めるためにボーイングとロッキードのプロジェクトが最前線に戻ってきたとしても、驚くべきことではないでしょう。

- 広告 ​​-

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事