ロシアの極超音速グライダー「アバンガルド」が来年就航予定

キンジャール極超音速ミサイルと原子力推進ブレヴェスニク巡航ミサイルの次は、 アバンガルド極超音速大気再突入グライダー、2019年に就航へ。したがって、選挙戦中盤のプーチン大統領のテレビ介入中に発表された4つの革命的戦略兵器のうち、運用開始が発表、または差し迫っていると発表されたのは3番目となる。

ステータス 6 の大洋横断無人魚雷のみがまだ正式に発表されていないが、一部のロシア当局者は 2025 年までに就役すると発表している。

アバンガルド極超音速グライダーは、大陸間弾道ミサイルを搭載した大気圏突入機であり、核装薬を搭載しており、その特性により、操縦能力を維持しながら大気の下層まで極超音速を維持することが可能である。したがって、現在の技術状態では車両を迎撃することはほとんど不可能です。

この発表は、プーチン大統領がロシアによる戦略射撃の使用に関する非常に正確な教義方針を概説したところで行われた。 26月XNUMX日にソチで開かれた専門家会議で、プーチン大統領は、米国のINF条約離脱に関するAFP記者の質問に答え、ロシアが核兵器を使用する計画はない、と述べた。ロシア自体がそのような攻撃の対象となっており、その場合、ロシアの反応は大規模になるだろう。

この発表は、これまで、特に衝突回避を目的として核兵器を誇示することに躊躇しなかった近年のロシア戦略の転換点となる。今日、ロシアは従来の優位性を確かなものとして、もはや核の脅威を高める必要はなくなった。その一方で、戦術核兵器が常に代替手段となるNATOによるこの選択肢の使用を禁止しようとしている。

このような線を引くことで、プーチン大統領は、紛争が起こった場合、戦術的であれ戦略的であれ、核兵器の使用はモスクワによる戦略的射撃と解釈され、ロシアは全力で対応するだろうということを西側諸国に知らせている。彼の武器庫の。

ただし、冷戦時代にソ連が従来の非常に大きな優位性を持っていたとすれば、今日ではヨーロッパはロシアの4倍の人口と12倍の富を持っていることに注意してください。したがって、ヨーロッパ諸国がこの問題を自ら解決し、今日のように主にアメリカの力によって補償されることを期待しない限り、たとえアメリカの援助がなくても、ロシアの通常戦力の無力化はもはやまったく不可能ではない。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事