日本は次世代戦闘機の開発に努力を続ける

ハイテク戦闘機の市場は民主化されつつあるのでしょうか?実際、この市場における従来のプレーヤーである米国、ロシア、ヨーロッパ、そして最近では中国を超えて、トルコや韓国などの新しいプレーヤーが非常に顕著な野心を持って地位を確立しています。 

こうした部外者の中で、 最もリードしていると思われる日本、今日ではそのプロジェクトの成熟度においてヨーロッパをも上回っています。日本の X3 プロジェクトは、F2 の現地版である日本の F16 戦闘機を置き換えることを目的としており、実際、1,7 年以来 2009 億ドルという多額の研究開発予算の恩恵を受けてきました。

しかし、日本のアプローチはヨーロッパのアプローチとは大きく異なります。一方で、テンペスト計画に関与している英国との協力協定や、米国産業界へのプロジェクトの呼びかけが示すように、このプロジェクトは同盟国の支援と協力に対してはるかにオープンである。一方で、日本人は即効性のある技術投資を好みます。これは例えば次のような場合に当てはまります。 XF-9 ターボプロップ、推力15トンに達するエンジンは、現時点で最高のアメリカのエンジンと同等であると紹介されました。

しかし、多くの国が技術統合者としての地位を確立しようとしている一方で、戦闘機エンジン技術を習得している国はほとんどありません。第 5 世代戦闘機エンジンの開発において中国、さらにはロシアが直面した困難がこれを証明しています。 

先週発表された約35機の追加F6 AおよびBの発注にもかかわらず、この分野における日本の進歩は特に、そのプロジェクトを完了させたいという東京の願望を示している。この願望は、中国がXNUMX年間途切れることなく国防予算を増加させ、アジア戦域に自らを押しつけようとする努力を惜しまない中、自国の防衛力とその地域的重みを強化するという同国による世界的な取り組みの一環である。 、予算の面でこの国をイギリスやフランスと接触させます。

- 広告 ​​-

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事