アゾフ海と中国海、民主主義に対する権威主義国家の力の2つの例

ロシア海軍が黒海からケルシュ海峡でウクライナ海軍艦艇3隻に強引に乗り込んだことで生じた外交・安全保障の危機は、アゾフ海におけるモスクワの目標に新たな光を当てている。

シナ海における中国の主張と同様に、ロシアは現在、ほぼすべてのことを要求している。 アゾフ海の制圧、特にアゾフ海と黒海を隔てる海峡を管理することによる出入国の管理。実際、ウクライナはオデッサなどの黒海の港とマリオポールなどのアゾフ海の港の間で船舶を行き来できるようになるだろう。 

ウクライナの港湾活動に対する明白な経済的影響に加えて、このウクライナの権利の立ち退きは、最近までウクライナの領土であったこの地域で発見された石油とガスの資源も奪います。

最後に、アゾフ海の完全な制圧により、ロシア軍はロシアの港とウクライナ海岸の間に迅速かつ容易に兵力を展開することが可能となり、もしロシアがドンバスとクリミアを結ぶ攻撃を実行することを決定した場合、これは重要な利点となるだろう。その地域の沿岸州を軍事占領することによって土地を奪う。

したがって、ウクライナ当局には選択肢がほとんどなく、特に建設的なものはない一方、ロシア側は機会を増やし、地域での地位を強化している。

これに直面すると、ヨーロッパは驚くほど無力です。欧州の首都は軒並み冷静さと自制を呼び掛けているが、この地域におけるロシアの力を前に危機を脱する方法を提案することはできていない。領土と国際的権利を奪われているのはウクライナであるにもかかわらず、ベルリンはキエフに対し最大の自制を行使するよう特に求めた。

この状況はそれを思い出させます シナ海で、そして台湾を中心に発展しているもの。今後、西側海軍による中国の支配水域への侵入はすべて、中国海軍と海軍航空による介入の対象となり、中国政府のますます強力な公式主張の対象となる。

そして実際、たとえアメリカ、オーストラリア、日本、さらにはヨーロッパの海軍がこれらの地域に定期的に侵入することで中国の非難を無視して国際法を守り続けているとしても、これらの任務は今やますます慎重になっており、したがって非常に綿密に計画されている。 

どちらの場合も、モスクワと中国が主導する既成の戦略の有効性と、それに直面した西側民主主義のあからさまな無力さに注目することしかできない。 

これらの権威主義的大国、ヨーロッパ人にとってはロシアのガス、米国にとっては中国の産業力と金融力に依存しているため、西側の指導者たちが対処しようとする選択肢は限られており、さらにこれらに対する軍事的反対に対してますます敵対的な世論によって制約されている。国々。 

比較するのは正しくありませんが、現在の状況は、30 年代末に第二次世界大戦に向けて滑り出した状況と同様の形で進展しています。誤解しないでいただきたいのは、民主主義が衰退すると、世界平和も一緒に衰退するということです。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事