CAESARの中国版が人民解放軍に配備される

- 広告 ​​-

サイト armyrecognition.comは、フランスのシーザー銃に非常にインスピレーションを受け、中国のNORINCOによって製造された155mm Sh-15自走砲が人民解放軍の軍隊で使用されたことを示す一連の写真を公開した。チベット高原に向けたこれらの新しい自走航空機の展開を示す写真が実際に公開されました。

Sh-15がCAESARに似ていても性能はありません。遅くなり、発射距離も短くなり、速度も低下します。フランスの規範が世界中のエンジニアにインスピレーションを与え続けているという事実は変わりません。インドと中国に続き、米国も最近、そのパフォーマンスを評価するために同様のモデルを実験しました。

- 広告 ​​-

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事