日本はF63Aを35機、F42Bを35機発注する

日本の当局はこの法案を可決すると正式に発表した。 追加で63機のF35Aと42機のF35Bを発注、ロッキード航空機の短い垂直離着陸を備えたバージョン。 F35Aは、すでに発注されている42機に加わり、約15機の老朽化したF35Jを置き換えることになる。 F2Bはいずも型航空母艦XNUMX隻に配備される予定で、この目的のために改修される予定だ。

日本当局によれば、この決定は、3隻目の空母が試験中であり、XNUMX隻目が建造中の中国の公海艦隊の強化に対応するために行われたという。彼らによれば、これはトランプ大統領によれば黒字が多すぎる米国との貿易収支を再調整する方法でもあるという。

- 広告 ​​-

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事