ロシアは30年に2018機の戦闘機を輸出した

国空軍に納入された50機の戦闘機に加えて、2018年にロシアの航空業界は、 海外の顧客に 30 名のハンターを派遣、つまり、エジプトにMiG12M/M29を2機、中国にSu-10を35機、カザフスタンにSu-4SMを30機、ラオスにYak-4を130機。したがって、今年納入された戦闘機は合計80機となり、これはフランスが納入した戦闘機の4倍に相当する。 Rafale 同じ期間に。

2019年もほぼ同等の数字が見られるだろう。 

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事