ロシアはKalibr海軍巡航ミサイルの極超音速地上版を開発する

- 広告 ​​-

INF条約の終了、継続…昨日想定していたように、ロシアは非常に短い時間で発展するでしょう。 カリブ海軍巡航ミサイルの極超音速地上バージョン。 これは本質的に、新しいミサイルが2019年から2020年の期間にわたって開発されることを発表した国防相のセルゲイ・ショイグーによる声明です。

ただし、今日のカリブルミサイルは極超音速ではないことに注意してください。 射程はバージョンによって300kmから2500kmまで変化するミサイルは、亜音速の巡航速度と終末期の超音速を持っています。 したがって、「極超音速巡航ミサイル」という用語はおそらく誤った名称であり、ミサイルは飛行中超音速を維持する能力を持っていません。

端末速度をマッハ 5 (極超音速の閾値) を超えて増加させることが可能であれば、飛行速度の増加により航続距離が大幅に減少するだけでなく、航空機の航行と制御に関して多くの問題が発生する可能性があります。

- 広告 ​​-

MdCN 海軍巡航ミサイルを保有するフランスも、比較的短期間で陸上発射装置から配備するバージョンを設計できる可能性があることに注意してください。一方、カリブルとは異なり、MdCN は必要に応じて核弾薬を搭載できるように設計されておらず、このコンポーネントはアメリカ軍によって配備された ASMPA ミサイル用に確保されています。 Rafale空軍のミサイル、および海軍のSSBNによって配備されたM53ミサイルによる。

- 広告 ​​-

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事