中国が戦闘ドローンの最初の輸出国になる

ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、 中国は153の戦闘ドローンシステムを輸出したと言われていますが、2014年から2018年の間に13の国際的な顧客になり、このタイプの機器の世界有数の輸出国になりました。 この数字は、前期から1400%以上の増加を表しています。 さらに、中国は現在、防衛機器の世界第5位の輸出国であり、米国、ロシア、フランス、英国のトップカルテットを上回っています。 期間中、中国は防衛機器を53か国に輸出し(異なる期間と比較して+12)、主な顧客はパキスタン、バングラデシュ、アルジェリアでした。

そして、この分野での中国の成長の鈍化の見通しはないようです。 現在、この国は、フリゲート艦やコルベット艦、戦闘機、輸送機やヘリコプター、あらゆる種類の装甲車両、非常に幅広いミサイルやレーダー、ドローンなどの高性能システムを非常に競争力のある価格で提供しています。支払い条件。

新たな提案が西側諸国、特に中東やアジアにとって問題となるとすれば、これは今やロシアにも当てはまり、中国はモスクワの潜在顧客の中で非常に積極的に位置づけることをためらわない。したがって、中国政府は、ロシアのY-10訓練攻撃機やマレーシアのJF-130に対抗するため、ラオスとバングラデシュにJ-17C軽戦闘機を提供した。

もし西側諸国が中国(そしてロシア)に対する市場を保証するために技術的優位性だけに賭け続ければ、失望は急速かつ痛みを伴うものになるだろう。これらの国々と戦うには、防衛産業の役割と社会経済的可能性について、これまでとは異なる経済認識を用いることが不可欠です。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事