米国は今後数カ月の間に対地巡航ミサイルをテストするべきです

米軍当局は、少なくとも今年のXNUMX月に最初のテストを実施することを発表しました。 地対地巡航ミサイル、射程1000kmのシステム、米国の主張によると。

この発表は、米国によるINF条約の一時停止の発表から2か月以内に行われ、ロシアはその禁止を尊重しないプログラムを開発したと非難し、その後、ロシアによる条約の停止が続いた。 テストが成功した場合、新しいシステムは18か月で試運転できます。

しかし、もしロシアが既存のイスカンデルシステムの射程を延長する取り組みとカリブル巡航ミサイルの陸上版の開発を発表するのにわずか1週間しかかかっていなかったら、米国はこの件に関して慎重なままであっただろう。

この発表に対してロシア政府は即座に反応し、米国は2017年にこの計画の開発を開始し、したがってノベーター・ミサイルの件をINF全廃条約からの計画的離脱の口実として利用したと非難した。

これまで以上に、そしてすでに発表されていたように、欧州はINF条約離脱による大きな損失者となっている。現在、短距離または中距離の弾道ミサイル計画や長距離の地対地巡航ミサイル計画を持っているヨーロッパの国はありません。そして具体的に言えば、そのようなシステムを開発し、核弾薬を装備できるのはフランスとイギリスだけだろう。しかし、現時点ではどちらの国もこの方向に向けた取り組みを発表していません。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事