米陸軍はストライカーの装甲車にレーザー兵器を迅速に配備したい

米陸軍の買収を担当するブルース・ジェット氏によると、米陸軍は近い将来、買収を計画しているという。 10Kwhレーザー兵器システム その他、ストライカー戦車を装備することを目的としています。 米陸軍がすでに戦場で軽ドローンを迎撃することを目的とした5Kwhレーザーを搭載したストライカーであるMEHELシステムの配備を開始している場合、同時に、より高度なシステムを製造することを目的とした4つのプログラムを開始しました。強力で、ドローンだけでなく、ミサイル、ロケット、砲弾、航空機も迎撃できます。

米陸軍参謀次長のジェームス・パスカレット将軍によると、出力50Kwhのレーザーシステムユニットの配備が2024年に計画されており、一方で出力100Kwhの移動式レーザーであるマルチミッション高エネルギーレーザーのプロトタイプも開発されているという。プログラムのテストは 2022 年に開始される予定です。

現在の対空または対ミサイル防衛システムとは異なり、レーザー システムは飽和攻撃に対処する能力が強化されており、本質的に利用可能な弾薬の数に制約されません。一方で、システムの自律性と可動性を確保するためのエネルギー生産は依然として大きな課題です。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事