米空軍がシールド航空機レーザー保護システムをテスト

米空軍は23月XNUMX日にニューメキシコのホワイトサンド空軍基地でテストしました。これは、SHIELDミサイルから航空機を保護することを目的とした新しいレーザーシステムで、自己保護型高エネルギーレーザーデモンストレーターです(完全な頭字語ですよね?)。 テストは地上で行われ、テストサイトの方向に発射されたいくつかのミサイルを迎撃することで構成されていました。

米陸軍および米海軍のプログラムと同様に、SHIELDは2021年から2025年までの作戦使用を計画しており、当初はポッドに収められたバージョンでF15ストライクイーグルを装備する必要があった。しかし、このタイプのレーザーが効果を発揮するには 10 KWh を超える出力に達する必要があることがわかっているため、ここでもエネルギー生成が決定的な問題となります。

SHIELD はアメリカ航空機用の初のハードキル型保護システムを構成し、その性能によっては現在のアクセス拒否技術を弱体化させる可能性があります。このシステムが実際に、超音速で飛行する新型ミサイルに対して効果があるかどうかはまだ分からない。 R-37M、実際に傍受される場合もあれば、傍受されない場合もあります…

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事