Rolls-Royceは組み込みレーザー兵器システムにヘリコプタータービンを使用

米陸軍は、装甲車両に搭載されたレーザー兵器システムの設計と製造を目的とした4つ以上のプログラムを開始しました。 これらのプログラムの主要なポイントのXNUMXつは、高出力レーザー操作に必要な電力を提供するのに十分な電気エネルギーを生成する能力です。

英国のエンジンメーカーであるロールスロイスがこの問題を取り上げ、提案しています M250タービンに基づくソリューション OH58Dキオワのような軽ヘリコプターを搭載し、300KWhの電気エネルギーを供給できます。これは計画されている100KWhのレーザーには十分すぎるほどです。



とはいえ、技術的な解決策を超えて、このプログラムは 2 つの大きな運用上の課題に直面する必要があります。
– 熱が発生するため、放散する必要があるだけでなく、おそらく装甲車両が戦場のすべての赤外線誘導装置の標的となる可能性があります。
– システムの自律性、したがって、この燃料が大部分の装甲車両のエンジンで使用される燃料とは異なることを認識しながら、十分な燃料を運ぶ能力。

レーザー兵器システムを推進するためによく提起される議論は、弾薬がないため発砲能力が向上し、火薬がないことで命中に対する耐性が向上し、物流チェーンが簡素化されることです。ロールス・ロイスが推奨する解決策は、シンプルさとコストという利点があるものの、軍需品の運用上の意味を特定の燃料の意味に置き換えたようです。これらの質問に答えることができるのは、動作条件でのテストのみです。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事