ロシアは燃料電池を使って無人機を発表する

ロシアの会社がモスクワ近郊のArmy-2019展示会に出展します。これは、エネルギー源として燃料電池を搭載し、従来のバッテリーと比較してドローンの航続距離、自律性、容量を大幅に拡大し、バッテリーを強化するための水だけ。

C4ISRNETのウェブサイトによると、ロシアの会社International Aeronavigation Systemsは、エネルギー源として燃料電池を搭載した軽量ドローンであるドローンGjisを発表し、天井は約10.000フィート、速度は50 km / h、半径は5従来のバッテリーの3〜6倍の9時間の自律性のためのkmアクション。 さらに、バッテリーを再充電するには、バッテリーに水を追加するだけで十分であり、その使用に必要なロジスティクスチェーンが明らかに簡素化されます。

この技術には利点があるだけでなく、再充電すると有毒ガスが発生したり、さらには強い熱が放出され、バッテリーが不安定になる可能性があります。ロシア軍が戦闘任務にドローンをますます使用する一方で、この機器の性能を大幅に向上させる技術は、決定的ではないにしても、興味深い利点となるであろうという事実は依然として残っている。

孫子はそんなことは言わなかっただろう 『自分に何の損失も与えず確実に得られる小さなアドバンテージを追い求めることを怠ってはいけない。獲得できたであろうこれらの小さな利点の多くが無視されると、多くの場合、大きな損失や取り返しのつかない損害を引き起こします。 »

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事