歴史的な最初の、イスラエルはミサイル攻撃でサイバー攻撃に応答します

ラマダン月の前夜、イスラエルとガザ地区の間で 2014 年以来前例のない暴力が発生し、23 人のパレスチナ人と 4 人のイスラエル人の命が奪われました。 690 発のロケット弾がイスラエルの領土を標的にし、350 を超えるパレスチナ人の標的がユダヤ人国家による報復の標的にされました。

これらの銃撃戦の間、史上初めて、国家が従来の手段でサイバー攻撃に対応したと主張した。 最初にハマスのコンピューター攻撃を阻止した後、 IDFはサイバー戦闘機を収容するガザンの建物に報復しました パレスチナ運動の代表。

イスラエル国防軍(IDF)のスポークスマン、ロネン・マンリス准将は、「サイバー次元での対応後、空軍は物理的次元での対応を担当した」と述べた。

しかし、これが本当に初めてのことであるとしても、それほど驚くべきことではありません。 

ジャン=イヴ・ル・ドリアン氏は2018年、サイバー攻撃は「武力攻撃を構成する可能性がある」と「自衛の発動を正当化する」とともに、北方大西洋条約第5条の相互支援条項を認めた。

この点において、サイバー攻撃に対応するために従来の手段を使用する可能性については国際的なコンセンサスがあります。サイバースペースはそれ自体が課題ですが、何よりも陸、海、空と並んでそれ自体が運用上の側面でもあります。たとえそれがサイバー起源のものであったとしても、国家安全保障に対する脅威に対応する自由を自らに与えることは合法であり、武力紛争法に従っています。イスラエルがデジタル攻撃に直面して火の使用を公に主張した最初の国家として歴史に名を残すとしても、その出来事がサイバースペースを巡る規範的な枠組み(あるいは枠組みの欠如)を揺るがす可能性は低い。

しかしながら、実際には、手段の並列性が一般に採用される。したがって、議論は別の場所にあり、中心となるのは閾値と動機の問題です。

IRSEM[efn_note]エコールミリテール研究所戦略研究所[/efn_note]の研究者でル・モンド紙のインタビューを受けたフランソワ・デルリュー氏によると、自衛を正当化できる条件は即時性、必要性、比例性の3つであるという。即時性に関しては、攻撃が発生してから (数秒ではないにしても) 数時間以内に対応が行われました。必要性と比例性に関して言えば、イスラエルの攻撃は条件を満たしていない。パレスチナ人のコンピュータ攻撃は、さらなる被害を引き起こすことなく、イスラエル軍によって時期尚早に中止されていただろう。さらに、両国間には技術的な非対称性が強いため、通常兵器に頼る必要性は考えにくい。

結局のところ、この規範に関連した火の使用は政治的なものであり、とりわけ特定の文脈によって説明することができます。二つの軍隊間の致命的な危機と制御不能なエスカレーション。これはヘブライ国家からの強いメッセージでもあります。デジタル攻撃に対する物理的報復は単なる仮説ではなく、サイバースペースが 4 つの領域であることを再確認します。 戦場の広さ

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事