米空軍はF35Aを装備した「侵略者」戦隊を再活性化する

予算上の理由から 65 年に解散した第 2014 アグレッサー戦隊は、間もなく再開され、第 35 世代航空機を装備した敵をシミュレートするために約 5 機の FXNUMXA を受け取ります。

この航空機は、「戦闘可能」規格が利用できなかった時代に納入された(かなりの)数のF35から抜粋され、したがって戦闘には適していないと考えられています。しかし、米空軍が提供した数字によると、これらの航空機の近代化改修には、製造からわずか数年であり、120機当たり60億XNUMX万ドル以上の費用がかかり、XNUMX機あたりXNUMX万ドル以上の費用がかかるとのことです。したがって、アメリカ軍参謀本部の決定は非常に理にかなっており、一方で、利用可能な基準は「侵略者」飛行隊の訓練任務を遂行するのに十分なものである。

この決定はまた、国際的な技術バランスの現在の発展、特に最近まで米国より技術的に劣ると考えられていた中国とロシアの力の台頭を示している。さらに、これら両国は現在、Su-57とFC-31航空機を輸出用に提供しており、これまで米国とその同盟国のみが所有していたこれらの空戦技術を迅速に普及させることに失敗することはない。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事