フランスは太平洋における海軍軍事プレゼンスの維持を望んでいる

シャングリラ防衛会議での素晴らしい先見の明に満ちたスピーチの中で、フローレンス・パルリ国軍大臣は、彼女が「おそらく世界的な対立」が迫っている。このため同大臣は、フランスがこの地域に住む約1,6万人の同胞(そしてついでに言うと、そこにある4万平方キロメートルのフランスのEEZ)を守るため、同地域での海軍プレゼンスを維持することを保証した。

同大臣によれば、「現在このゾーン内で構成されているブロック間の世界的な対立の力学をキッシンジャーが理解する必要はない」と述べ、フランスは引き続き半年に一度の海軍資源の配備を維持すると付け加えた。 「対立的だが毅然とした態度」のロジック。この地域には原子力空母シャルル・ド・ゴールとその護衛がおり、特にクレマンソー使節団のためにトゥーロンを出発して以来、当該護衛にはヨーロッパのいくつかの建物が含まれていたため、大臣の演説は確かに重要な意味を持つ。

フランスのフリゲート艦を太平洋地域に半年ごとに配備することが実際に外交上の重要性を持っているとしても、その軍事上の重要性、特に太平洋の島々やインド洋におけるフランスの効果的な防衛能力は、フランスにとって重要であるという事実は依然として残っている。その一部は、「世界的対立」の危機に瀕している地域としては、非常に規模が非常に小さい。実際、フロレアル級監視フリゲートのような恒久的な手段は、対潜手段も信頼できる対空手段も持たず、軍事交戦を支援することができません。ただし、このタイプのミッションは、FDI Belh@rra タイプの船舶や、Naval Group によって建造された Gowind6 タイプのコルベットにも適しています。しかし、FDIフリゲート艦2500隻の現在の発注は、フランスの5つの海外防衛圏、さらには太平洋とインド洋の6つのゾーン(タヒチ、ニューカレドニア、レユニオン)の近くにこのタイプの艦船を恒久的に配置することを確実にするものではない。 、リスクと脅威の増大に応じた期限内に。

私たちは、一方では太平洋で世界規模の対立が起こり得ると冷静に考えることはできず、他方では、かつてベルシーから2000メートル離れたこの地域でフランス国民と権益を効果的に保護するために必要な手段を提供できない… 。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事