台湾、2億ドル相当の米国製戦車とミサイルの発注を希望

台湾政府はアメリカ当局に対し、M108A1戦車2両、TOW対戦車ミサイル1240基、ジャベリン歩兵対戦車ミサイル409基、携帯型対空システムスティンガー250基の発注を承認するよう要請を送った。 2億ドル。これに加えて、数か月前に66億ドルを超える金額で16機のF70Bブロック72/12を取得するよう送信された。

台北の要請は確かに非常に理にかなっている。台湾軍は現在、領土を防衛するために旧式のM450を60両と、48年以上経過した同数のM50パットンしか保有しておらず、何度か同様の要請をワシントンに行っている。しかし、今日、私たちの注目を集めなければならないのは、そのタイミングです。

実際、この要請とその公表は、シャングリラでの会談中に中国国防相魏鳳和が独立諸島に軍事支援を提供した者には軍事報復すると明確に脅迫した非常に毅然とした発言からわずか2日後に行われた。しかし北京からは扇動的とみなされた。台北政府は、いかなる資金提供形態からも独立したこの要請を公表することで、中国当局の怒りを買う危険を承知で、米国政府に島の独立を擁護する立場を公然ととるよう強制したいと考えている。

一つ確かなことは、もしアメリカ当局がこの要請に好意的に応じたとしたら、それは北京にとっては合戦事件となり、フローレンス・パルリー氏がシャングリラ会議での演説で述べたような世界的な対立を引き起こす危険性があるということである。一方、もしワシントンがそれを無視することに決めた場合、これはアメリカの敵対者にとって弱さの表れと見なされ、したがって事態を誘発する決定を下す可能性がある。台湾はこの状況をよく知っており、長年にわたってこの苦しみの中で暮らしており、台湾に対する中国政府の立場が日に日に過激になっていることを目の当たりにしている。

したがって、私たちは、この要請を行い、それを公表することによって、台湾の指導者たちが運命を挑発するよう駆り立てた動機を理解しています。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事