米海軍は、BALTOP 2019演習中にALMDSレーザーシステムを使用して機雷を探知

冷戦中、機雷戦は NATO にとって大きな課題であった。NATO はアメリカとカナダからの兵力、装備、物資の流れを維持するために主要港へのアクセスを確保し、北軍の機甲師団に対抗できるようにする必要があった。ワルシャワ協定。ソビエト崩壊の間、この脅威はその関連性の多くを失い、特殊な探知および処理システムの近代化と同様に機雷戦艦隊は、より適応された兵器システムを支持してほとんど無視されました。

技術国家間の、いわゆる「高強度」紛争のリスクが再び明らかになるにつれ、機雷の脅威が再び前面に出てきています。フランスとイギリスは、ランカスターハウス協定の枠組みの中で、タレスが開発した高度に自動化された機雷戦システム、MMCM[efn_note]海上機雷対策[/efn_note]プログラム」の開発に着手した。ベルギーとオランダは、海軍グループとECAによって形成されたコンソーシアムに、艦隊の設計と建造を委託した。 機雷戦艦艇 12 隻 80年代から続く三部構成のクラスマインハンターを置き換えるために。

米海軍は活動を怠ったわけではない。ノースロップ・グラマン社グループには、ヘリコプターからのレーザー光線を使用して海軍機雷を探知することを目的とした航空機搭載レーザー地雷探知システム(ALMDS)プログラムを委託されました。その結果、MH1 ヘリコプターの切り株に取り付けられたポッドである AN/AES-60 システムが誕生し、荒海でもパルスレーザーを使用して機雷を検出しました。このシステムは、ヘリコプターが本質的に機雷にさらされないため非常に安全であり、従来の潜水艦または水上システムと比較して非常に広い範囲を処理できるため非常に効率的です。その後、情報は監視艦船(この場合は沿海域戦闘艦)に送信され、情報の分析と適切な措置を担当します。

このシステムは、北海とバルト海で行われているNATO海軍演習である演習BALTOP 2019の運用状況で初めて使用されました。

- 広告 ​​-

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事