中国、中国海にJ-10C戦闘機を配備

CNNニュースチャンネルが明らかにした衛星写真には、中国軍が中国海の制海権を確保するために建設した先進基地の10つにJXNUMXC軽戦闘機の存在が写っていた。

この配備は、南シナ海の西沙諸島の南にある島々である西沙諸島にある永興海軍航空基地で行われた。中国はその上に、滑走路を収容できる2700メートルの滑走路の周囲に海空軍基地を建設している。 APL航空機の大部分。また、この地域で国際法を執行しようとする米海軍艦艇(とりわけ)が通過するルートに最も近い基地の一つでもある。

永興島の中国基地 防衛ニュース |戦闘機 | 写真既成事実
永興諸島とその 2700 メートルの滑走路の空撮

J10Cは、F16やJAS39グリペンと同様の性能を備えた軽戦闘機で、AESAレーダー、優れた機動性、1000kmを超える航続距離、および10トンを超える燃料と武器を搭載する能力を備えています。 PL15長距離空対空ミサイル、YJ9対艦ミサイル、および多数の空対地誘導弾。中国には 600 機以上の J-10 があり、少なくとも 200 機の J10C があり、この航空機はまだ生産されています。

中国の航空専門家の声明によれば、これらの航空機を配備することで、中国は「空と海の国境の不可侵性を保証する」ために、中国が課した防衛航空識別圏に進入する航空機を迅速に迎撃できるようになるという。国営サイト「グローバルタイムズ」のインタビューに応じた。いくつかの観測結果によると、永興基地には YJ62 対艦ミサイル砲台と射程 9 km の HQ-200 対空システムも装備されています。

西沙諸島は台湾とベトナムも領有権を主張している。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事