アバンガルド極超音速弾道ミサイルは今年運用開始される

ユーリ・ボリソフ副首相が明らかにした。 TASSエージェンシー 新しいアバンガルド極超音速ミサイルの製造は予定通りであり、今年最初の例がオレンブルク地域のドンバロフスキーミサイル部門に加わる予定であると述べた。この声明は、ロシアに課された制裁がプログラムの円滑な運営を妨げているとのアメリカチャンネルCBNCの報道を受けてなされた。

アバンガルド大陸間弾道ミサイルは、2018年XNUMX月にウラジーミル・プーチン大統領が再選に向けた大統領選挙運動中に発表した戦略計画のXNUMXつである。大気圏再突入グライダーは、大気の下層に到達しても極超音速を維持し、衝突や大気圏での爆発が起こるまで機動性を維持できるのが特徴です。実際、MIRVとは異なり、アバンガルドは現在、米国のTHAADなどの既存の対ミサイルシステムによって迎撃することは不可能です。

このレベルでの純粋に政治的な否定を排除することはできないため、この情報が証明されれば、特に同時にS500対ミサイルの量産が行われているため、ロシアは抑止力の陸上部分に主要な技術資産を手に入れることになる。ミサイルと対空システムも開始され、最初のユニットは2020年から運用開始される予定です。

Kh57M空挺ミサイルを搭載したアバンガルドは、ロシア軍および世界で運用されている2025番目の極超音速兵器システムとなる。米国は 14 つの極超音速計画を共同開発しているが、2019 年以前の運用開始は想定していない。フランスは、2021年に極超音速グライダーのプロトタイプを完成させることを目的として、DGA主導でV-MAXプログラムを2030年に開始したが、2040年からXNUMX年までにそれを兵器システムに統合できるようにする予定はない。

極超音速兵器の分野では、ロシアは実際に技術的に確実にリードしている。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事