米陸軍は500年までに2025両の軽戦車を発注したいと考えている

米陸軍は、次世代戦闘車両プログラムの一環として、歩兵旅団当たり500両を米軍に装備する14両の軽戦車を設計・製造することを目的としたプログラムを開始した。この装甲車両は、特に敵の掩蔽壕や装甲車両に対して、降車した歩兵ユニットにできるだけ近くで火力支援を提供するという使命を負います。

この軽戦車は、質量が 40 トンを超えてはならず、C-2 飛行機で 17 両輸送できる寸法でなければならず、105 mm 大砲と 7,62 mm 機関銃を装備します。現時点では砲塔に対戦車ミサイルを追加することに疑問の余地はありませんが、このオプションは戦車などの最も重い装甲車両に対処するために不可欠であると思われます。また、装甲車両が車輪付きなのか、それとも装軌式なのかは明らかにされていないが、戦車の質量とアメリカ軍が定めた目標を考慮すると、装甲車両の方が有利であると思われる。

米陸軍はすでにメーカー2社を選出し、それぞれ376機のプロトタイプを開発・製造するため12億2022万ドルの封筒を受け取った。アメリカの装甲車両の代替を目的としたプログラム全体と同様、大量生産は2025年、就役はXNUMX年と予想されているため、期限は特に短い。

アメリカ軍は 1996 年以降、M551 シェリダンの撤退に伴い軽戦車の使用を放棄していました。アメリカ当局によれば、この計画は、ロシア軍のような装甲で支援された塹壕部隊に対抗できるように、下馬した部隊の火力の必要性が高まっていることから正当化されるという。確かに、後者は軽戦車の使用を決して放棄したことがないし、車輪付きか装軌式かを問わず、歩兵戦闘車両や兵員輸送車両の重装備化も決して放棄していない。ロシアの装甲兵員比率が西側軍の 3 倍であることも思い出してください。戦車や砲兵システムの密度を比較すると、この差は 10 個以上になります。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事