イランがホルムズ海峡で英国タンカーに乗ろうとしたとされる

最後に、テヘランは次のような脅しを実行する決意をしているようだ。 タンカーグレース1号の乗船 イギリス軍がジブラルタル海峡を通過中。実際、海峡を挟んだ外務省のプレスリリースによると、革命防衛隊海兵隊所属のスピードボート3隻が英国ヘリテージタンカーを追跡した後、イギリス海軍のフリゲート艦モントローズによって追い払われたとされている。ホルムズ海峡付近を航行していた。

作戦に関する兆候はほとんど示されていなかったが、ファルス公式機関のプレスリリースでは、革命防衛隊はこのタンカーを攻撃しようとしたことはおろか、モントローズ川の進路を横切ったということさえ否定した。

この作戦が成功したかどうかにかかわらず、世界の石油の 30% が毎年通過するこの海峡を航行する船舶にとって、この作戦は現実的な脅威となっています。 2019 年 51 月中旬以降、原油価格は 60 ドルから 20% 以上に上昇し、ほぼ 60% の上昇となっており、これらの発表が継続的な傾向を損なうものではないことは確かです。逆説的ですが、高価な石油は主にイランの敵対者、とりわけ収入が急速に増加しているスンニ派同盟諸国に利益をもたらします。米国もシェールガスへの投資で利益を上げるために原油価格が65ドルを超えることに関心を持っているが、ロシアは原油価格がXNUMXドルであるという仮説に基づいて中期予算を組んでいる。逆に、イランの最大の貿易相手国である中国は、日本や欧州諸国と同様、原油価格の上昇に全く興味を持っていない。したがって、原油価格に圧力をかけること自体がイランにとって一般に逆効果であるように見える。イランは何よりもその生産物を国際市場で再び販売できるようにしたいと考えており、そのためには中国と欧州諸国以外に支援がほとんどない。

このことから、この作戦の目的はおそらく何よりも内部的なものであり、たとえ彼らが最良の同盟国であったとしても、敵対者と対峙するというイラン政府と宗教当局の決意を示すものであると推測できます。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事