中国初の075型強襲揚陸艦、進水間近

ツイッターに掲載された新しい写真は、中国初の075型強襲ヘリコプター空母の進捗状況から、今後数カ月以内、つまり2019年末までに進水される可能性を示唆していることを示している。上海近郊の中華人民共和国の湖東造船所で建造され、最初の075型は就役するはずである。 2021 年初めに中国海軍に配備され、2022 年から 2024 年にかけて同じく建造中の姉妹艦 6 隻が建造される予定です。おそらく、9 隻から XNUMX 隻が装備されるでしょう。 2030年までに北京の艦隊.

LHD タイプ 075 は非常に堂々とした船で、推定によると重量は 35.000 ~ 40.000 トン、全長は 250 m です。あらゆるタイプのヘリコプター約 4 機と、726 型強襲ホバークラフト 2 機を搭載し、大隊とそのローリング装備に相当するものを着陸させることができます。この艦は人民解放軍の投射能力強化の一環であり、特に「海兵隊」旅団を7個旅団から10.000個旅団に増員し、その数は40.000万人から8万人に増加した。彼らは071隻の6型強襲揚陸艦によって支援され、そのうち21.000隻は現在就役しており、重量2トンで、500型ホバークラフトまたは上陸用舟艇を使用して726つの海兵中隊または2030人を上陸させることができる。実際、XNUMX年には、中国海軍は、たとえ現時点では、攻撃に投入するためのノウハウも装備も持たないとしても、アメリカ海兵隊に実質的に匹敵する投射能力と海軍航空攻撃能力を持つことになる。米軍と対等な立場にある。

type726 ホバークラフト 防衛ニュース |水陸両用強襲 |軍事海軍建造物
中国、726型強襲ホバークラフトの大規模艦隊の建造を開始

075 型の就役は間違いなく人民解放軍の全体的な兵力投射能力を強化するでしょうが、台湾に対する脅威の大幅な増加にはつながりません。実際、9 機の 075 型戦闘機を備えたとしても、人民解放軍は攻撃の第一波で空挺 40.000 名を含む 15.000 名しか投射能力を持たず、275.000 名の現役軍人がいる台湾の海岸に正面攻撃を行うには不十分な数である。そして予備兵は約3万人。その一方で、中国政府が台湾のカーテン防衛を継続するために、北東にある日本に属する石垣島やフィリピン南部に属するバスコ島など、フォルモサ島を囲むかなりの数の島々を迅速に占領することを可能にするだろう。分離主義者の島に対する海空封鎖の実施により、米海軍とその同盟国の反撃能力と迷惑能力を軽減する。シナ海の島々や環礁の軍事化で得た経験は、これらの島々の防衛能力と接近拒否能力を迅速に強化するために中国参謀本部によって広く活用されるだろう。

台湾をその支配下に戻そうとする中国政府と習近平国家主席の決意を考えると、この仮説は決して無視すべきではない。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事