米海軍MQ-25スティングレイ無人機が初飛行

ボーイングが20月XNUMX日に発表した。 埋め込み型ステルスドローンMQ-25スティングレイが初飛行した 装置が開発されているセントルイス空港にて。

この無人機は米海軍航空母艦への乗艦を目的としており、交戦地帯付近での空中給油作戦に特化しており、F/A18 E/F スーパーホーネットやF-35Cの目標に対する行動範囲と自律性を大幅に拡大することになる。ライトニング II は、今後数年間に米海軍の乗艦航空グループに装備されることになります。

射程と精度が向上した新型対艦ミサイルの開発により、航空母艦は現在、交戦地帯からより遠く離れた場所での運用を余儀なくされており、近い将来はさらにそうなるだろう。

しかし、空母グループを構成する航空機は、750kmから1kmの航続距離を持つように設計および最適化されており、今日では講じるべき予防措置を考慮すると不十分であると考えられます。


この記事はまだ 75% 残っています。購読してアクセスしてください。

メタディフェンス ロゴ 93x93 2 軍事計画と計画 |アーカイブ |通信および防衛ネットワーク

レス クラシックサブスクリプション へのアクセスを提供する
完全版の記事広告なし,
1,99€から。


さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事