日本海事自衛隊:19トンLHDの産業提案

ショーに出展した造船会社ジャパン マリンユナイテッド株式会社(横浜) 防衛およびセキュリティ機器インターナショナル (DSEI) 日本 2019 強襲揚陸ヘリコプター空母の予備プロジェクトのモデル (または 着陸ヘリコプタードック (LHD)一方、防衛省(防衛省、防衛省)はプログラムを立ち上げていないため、いかなる提案も要請していなかった。この日本の造船会社は、3 隻の戦車揚陸艇の代替を獲得することを目指しています (揚陸艦タンク (LST)スタイルの 大隅。第二次世界大戦から引き継がれたタブーや政治的・外交的反対に対抗して、日本の海軍および水陸両用能力を再建するという枠組みの中に位置づけられる提案。

日米間の相互防衛援助協定(MDA)(8年1954月XNUMX日)に基づき、 海上自衛隊 (海上自衛隊、 海上傑泰) いくつかのタイプの建物の移転から恩恵を受けました。 LST1 et 2 これらは 1960 LST ( とも呼ばれる) ミウラ級の同じタイプの建物に徐々に置き換えられました。三浦 (1975 - 2000) 小値賀 (1976 - 2001) 温州ミカン (1977 – 2002) 満載の 3200 トンのサツマ、47 LST (1977 – 2002) および渥美 (渥美 (1972 - 1998) 本部 (1973 – 1999) および 根室 (1977 ~ 2005 年) 2400 トンを満載。

29 年 1976 月 1986 日に策定された国防計画の指針を引き継ぎ、1990 年 18 月 1985 日に定められた 1500 か年防衛計画 (3 ~ 2000 年) には、これら 3 つの 1980 トン建造物 (1500) および3500 トン (XNUMX) 軽量化は、XNUMX トンと XNUMX トン軽量化の XNUMX つの予備プロジェクトで XNUMX 年代に始まりました。これらすべての予備プロジェクトの共通点は、人員、装甲車両、車両、装備品を海岸に直接上陸させることができる水陸両用船に移行することです。

回転翼を実装するための航空施設を収容するための 5500 トンの建物の予備プロジェクト (1987 ~ 1989 年) で重大な進歩が起こりました。概念的な破壊は、浜に着く能力が XNUMX 隻の表面効果バージを運航する能力に置き換えられたとき、または LCAC (エアクッション付き上陸用舟艇)25トン。

速度が 16 ノットから 22 ノットに向上し、さらに水陸両用設備に対応するという目的もあります。 LCAC 50 トンの予備プロジェクトの排水量は 5700 トンになります (1992 年)。一つだけで妥協するのは不可能だと考えられた LCAC 運用の柔軟性が大幅に低下したためですが、25 台の XNUMX トン戦車では将来の戦闘戦車を搭載できませんでした。 90タイプ 九丸 (90 式戦車九丸式戦車) は 1976 年から 1982 年にかけて設計されました。これが、8900 隻を収容できる 1993 光トンの予備プロジェクトが登場した理由です (XNUMX 年)。 LCAC 50トン:将来のクラス 大隅 その全積載排水量は14トンに達します。

8900 光トンの予備プロジェクト (1993 年) のシルエットの外観と、最大 8 つの回転翼 (XNUMX x AH-1コブラ) または 2 機の重機動ヘリコプター (XNUMX 機) CH-47チヌーク)は日本の近隣諸国の間で懸念の波を引き起こしている。未来 大隅 船体の全長を覆う平らな甲板と、右舷にオフセットされたタラップを運ぶ島があり、航空母艦のようなシルエットを与えています。

おおすみ型防御分析 |水陸両用強襲 |軍事海軍建造物
レス 大隅 (1998) 下北 (2002)ら 私を追いかけて 全長2003メートル、メインビーム(最大幅)2008メートル、喫水178メートル、25,8ノットで航行し、6人の乗組員が武装している。長期では 22 名の兵士、短期間では最大 138 名の兵士、LCAC 330 両、1000 式戦車最大 10 両を輸送します。

その後、「おおすみ」型は、「しらね」型建造物から始まった日本海軍航空能力の体系的な再構築を継続しました。白根 (1980 – 2015) および 鞍馬 (1981 – 2017) とハルナ (はるな (1973 – 2009) および 比叡山 (1974 – 2011)。これらは最初の「ヘリコプター搭載駆逐艦」(建物ごとに XNUMX つの回転翼)、言い換えれば、海軍の最初の建物でした。 海上傑泰 航空機を収容するための、非常に象徴的なものです。

レス 大隅 (1998) 下北 (2002)ら 私を追いかけて (2003) は 1993 年、1998 年、1999 年に先頭船の起工が XNUMX 年後に命じられ、次の XNUMX 隻の起工はわずか XNUMX 年でした。それらは、エルモ・ラッセル・“バド”・ジュニア・ズムウォルト提督が提案した制海船への日本の文化変容となるはずだった。ザ 大隅 したがって、防空および機雷戦任務を遂行するには、固定翼航空機と回転翼航空機を搭載した船でなければなりません。敵対的な政治的反応を可能な限り回避し、遠征目的の水陸両用主義の発展に反論するために、最終的には「海上作戦輸送船」としての資格を与えられた。

クラスから追加または推定された 4 つの建物 大隅 クラスを置き換えるために2000年代初頭に構築された可能性があります 渥美 (3)。しかし、ヘリコプターを搭載した駆逐艦が好まれました。 16DDH、つまり JS 日向 (2009)およびJ.S. 伊勢 (2011 年) 対潜ヘリコプター搭載駆逐艦 (満載 19 トン、回転翼 000 枚) として設計されました。 JS 出雲 (2015)およびJ.S. 加賀 (2017) プログラム 22DDH ある意味、フル積載トン数が 27 トンの拡大バージョンです。彼らの主な任務は対潜水艦戦でもあります。航空施設は、最大 000 機のヘリコプターをサポートおよび運用できる規模になっています。

JS の再設計 出雲 (2020 – 2022) と JS 加賀 (2022 – 2024) は、橋の質量を支えられるように橋を強化することで構成されます。 F-35B 着陸時に飛行甲板に(31トン)のコーティングを施し、F135原子炉からのガスの熱に耐えられる新しいコーティングを施しました。 F-35B、マクドネル・ダグラスのものよりも大幅に大きい AV-8BハリアーII。どうやら 東京 は、これらを軽空母に改造し、この単一の任務において水陸両用能力を犠牲にして建造物を最適化することを目的としています。

IMG 7245 防御分析 |水陸両用強襲 |軍事海軍建造物
ヘリコプター空母の 23 つの予備設計が日本の海上自衛隊に提案されました。000 つは 18 光トン (3 x SH-XNUMX) の CVH-A です。 シーキング + 6 × S-2 追跡者) および 8000 光トンの CVH-B (18 x HSS-2)。ハリアーを運用できる航空母艦の研究は 1970 年代に提案されました。

その場合、日本海軍は JS のみを保有することになります。 大隅 (1998)、J.S. 下北 (2002)およびJ.S. 私を追いかけて (2003) プラス JS 日向 (2009)およびJ.S. 伊勢 (2011) 上陸用舟艇を忘れずに水陸両用任務に使用された場合 LCU-2001 (2) 540 トンを満載し、 YL-09 (7) フル積載量はわずか 50 トン。

2014 年 XNUMX 月に発表されました。 大隅 を操作できるようにするには再キャストする必要がありました V-22 Osprey 飛行甲板の強化、航空設備と強襲水陸両用車の適応のおかげで (AAV-7)。 2014 年度予算内の予算枠のおかげで、この主題に関する技術的研究が実施されることになっていた(日本の会計年度は翌年 2015 月に終了するため、この場合は XNUMX 年 XNUMX 月である)。この研究の結論は明らかに公表されていないようです。

前回の発表と同時に、まだ2014年に、小野寺五典防衛大臣(26年2012月3日~2014年3月2017日、2年2018月XNUMX日~XNUMX年XNUMX月XNUMX日)は、日本は強襲揚陸艦の取得を望んでいると宣言した。 「私たちは、日本の離島を守るために自衛隊部隊を迅速に派遣できる輸送船を取得するつもりです」と彼はUSSの中で宣言した。 メイキン島 その後、7 年 2014 月 XNUMX 日にサンディエゴ海軍基地で。

日本政府が表明した政治的必要性は、中期防衛計画(2014~2018年度)に反映されており、敵対上陸の影響を受けた日本の島を武力で奪回できるようにすることである。係争中の島々 (尖閣 (中国/台湾/日本)、 クリレス (ロシア/日本)が特にターゲットにされています。もはや、追加の軍隊を提供して日本の領土を迅速に強化できるかどうかだけの問題ではありません。

したがって、日本の防衛計画は、今後の 3 つの防衛体制の見直しによって既存の能力を維持することを目的としている。 大隅。中長期的には、海上自衛隊の水陸両用能力を強化し、海上自衛隊の艦艇が27年2018月2100日に結成された水陸機動団水陸機動団の全部または一部を輸送できるようにすることが目標である。朝霞駐屯地を拠点としています。強度は 52 で、そのほぼ半分を XNUMX 人で運ぶことができます。 AAV-7。旅団の構成には 3000 つの機動連隊と XNUMX つの専門支援大隊が含まれています。最終的な兵力はXNUMX人に達する可能性がある。

レス 大隅 理論的には旅団を移動させることができる。建物の構造により、常時 330 人、または短期間であれば最大 1000 人を収容できるためである。この仮説では、おそらく回転翼から降りる以外に車両に乗り込むことは事実上不可能であると仮定している。 XNUMX つはもう XNUMX つと同じ、XNUMX つとも同じ 大隅 旅団全体を動かすことはできないが、1320人の兵士とそのほぼすべての装備に加えて、典型的な航空機動部隊(たとえば、XNUMX機の攻撃ヘリコプターとXNUMX機の重機動ヘリコプター)だけを移動させている。

この観点から、2014 年に XNUMX つの要素を再構築するプロジェクトが提案されました。 大隅 大型水陸両用ユニットの取得に関連しています。後者は、旅団全体を一度の回転で輸送すると主張する目的で、水陸両用部隊の構造を置き換えるのではなく、完成させる役割を果たすだろう。

ジャパン マリン ユナイテッド LHD 19 トンの断面図 防衛分析 |水陸両用強襲 |軍事海軍建造物
ジャパン マリン ユナイテッド株式会社の LHD は、1970 年代に新しいユニットとともに米海軍に導入されて以来、このタイプの艦船の古典的なアーキテクチャを採用しています。中国海軍の大型075型強襲揚陸ヘリ空母。

造船会社ジャパン マリンユナイテッド株式会社(横浜)は防衛・安全保障機器国際ショー(DSEI) 日本 2019 強襲揚陸ヘリ空母の予備プロジェクトのモデル。 Jane's への同社の声明(20 年 2019 月 XNUMX 日)によると、これは今後数年間の国防省によるプログラムの開始を見越したものです。の交換 大隅 2028 年間のサービスを経て、次の 2033 年の終わりにその姿を現すでしょう (XNUMX ~ XNUMX 年)。対象となるユニットの数は XNUMX ~ XNUMX つになる可能性があります。

そこでジャパン マリン ユナイテッド株式会社は、長さ 220 メートル、メインビーム(最大幅) 38 メートル、喫水 7 メートル、24 ノットで航行可能、通常排水量 19 トンの強力な水陸両用強襲ヘリコプター母艦を提示しました。この建物には 000 人のスタッフが勤務しています。

その水陸両用能力は、2 隻を収容できる基地を中心に展開します。 LCAC。連続飛行デッキは 2 基のエレベーター (軸方向 (島の前) と横方向 (右舷)) で運用され、5 つの着陸スポットを中心に構造化されています。 V-22 Osprey。基礎となる格納庫には5機を収容可能 V-22 さらに、これらのマシンは合計 20 台作成されます。装甲車両および車両専用の格納庫には少なくとも XNUMX 台を収容できます。 AAV-7 25 台の車両 (トラクター/トレーラー) も含まれます。医療施設はエッジを統合します。乗船する海兵隊員の数は明らかにされていない。

船首と島の間には 6 番目のスポットのための余地が残っていますが、その欠如を説明するものは何もありません。おそらくこのスペースは、任務から戻った機械を整備のために航空格納庫に戻すか、甲板上に保管する前に解放するための駐車場として機能します。将来のローテーションに備えて。

同様のクラスの強襲水陸両用ヘリコプター空母と比較すると、通常排水量が500トンであるが、満載排水量は900トン程度であるはずのこれらの艦船の場合、乗船する海兵隊員の数は19人から000人になる可能性があります。ザ ミストラル (21トン)良好な条件で乗船、300名の兵士がそこにいた。 戦略企画室 (26~27トン)000個を輸送可能。

に関する議論に関連して、 大隅、ジャパン マリン ユナイテッド株式会社が期待している強襲ヘリコプター空母計画の目的は、論理的には水陸機動団(2100 名、あるいは 3000 名)の完全輸送を達成できることであろう。この会社の予備プロジェクトでは、1500 つの建物で 2700 人から XNUMX 人の人員を輸送できるようになるため、このプロジェクトが XNUMX つのユニットで満足できるさらに大きなトン数に発展する可能性があると考えられます。これらの大型水陸両用部隊のうち XNUMX つによって輸送される海兵隊員の範囲の最下位は、最も可能性の高い例である JS などの他の船舶によって補完されると想定していることに注意する必要があります。 日向 (2009)およびJ.S. 伊勢 とします。

したがって、日本の防衛省は、日本の軍事戦略の目的を達成するのに最も適した海軍および水陸両用兵力の構成を支持するよう仲裁しなければならない。将来の日本の海軍航空隊の構造は、2023 年の初めに浮上しています。この仮説では、ヘリコプター搭載型護衛艦を含む XNUMX つの海軍グループが連携して行動することになります。 日向、数隻の駆逐艦と対潜フリゲート、および多目的作戦駆逐艦級を中心とする第2グループを率いる 出雲 防空駆逐艦が随伴し、 E-2Dアドバンストホークアイ。決定すべき問題は、これら 2 つのグループの一方を 1 隻または 2 隻の強襲水陸両用ヘリコプター空母で強化するか、護衛駆逐艦を伴う 2 ~ 3 隻の大型水陸両用部隊で構成される自律的な水陸両用グループを創設するかの選択にあります。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事