ロンドン会議で緊張状態にあるNATO

- 広告 ​​-

少なくとも言えるのは、今日ロンドンで開催されているNATO会議の雰囲気は重苦しいということだ。実際、いくつかの出来事は、以下に至るまで、同盟国間に重大以上の緊張を生み出しているようです。 トルコによるシリア北部への介入 インクルード 主要な問題を担当できていないNATOに関するフランス大統領の声明 瞬間から。明らかに、次々と続く議論と宣言を考慮すると、今日では一方的に行動し、 自分の同盟国に対して攻撃的である、またはのロシアから機器を購入する、同盟の機能不全について客観的に判断するよりも…

会談の傍ら、アメリカのドナルド・トランプ大統領はフランス大統領に対して、そしていつものようにフランス一般に対して非常に厳しく侮辱的な発言をした。たとえ今日それがヨーロッパ人に次のような既成事実を突きつけているとしても、 INF条約から離脱する et オープンスカイ条約、そして彼は決して止まらなかった 大西洋同盟とその米国への代償を批判する、現在、彼はフランス大統領の「無礼な」発言に腹を立て、ヨーロッパ諸国の中でフランスが最も必要としている国であるとまで宣言し、多国間主義とNATOの使徒になりつつある。この同盟。何のために ?謎… フランスは、NATO において、完全に国家的な 2 つの要素からなる核抑止力と世界的な防衛産業を持つ唯一の国です。また、国内にアメリカ軍が駐留していない唯一の国でもあります。

エマニュエル・マクロン・フランスは2019年もレバントでの軍事活動を継続する 防衛ニュース |軍事同盟 |アメリカ
NATOに残留するかどうかに関係なく、フランスはマクロン大統領の望み通り、ヨーロッパの運命と平和に影響を与えることができるよう防衛を強化する必要があるだろう。

シリア北部からのアメリカ軍の撤退がクルド人の同盟国を運命に見捨て、その後この地域でトルコが実行した攻撃など、フランス大統領の明晰な観察の理由については反響はない。さらに見て気分を害するトルコ 欧州企業は自国から「距離を置く」 この介入の後、もし攻撃された場合にはすべての同盟国の援助を受けるつもりであったことを私たちに思い出させます。

- 広告 ​​-

今日ロンドンで行われているパントマイムは、多国間主義の概念を排除する過剰なアメリカの力と対峙して大西洋同盟が今日たどる軌跡についてのマクロン大統領の認識が正しかったことを証明するだけである。トランプ大統領が仕掛けたアドホミネム攻撃は、大西洋を越えた議論の限界と、あまりに突き出た首を直列に戻そうとする米国政府の迅速さと熱意も示している。一つ確かなことは、彼がフランス国内にNATO離脱の機運を醸成し、同時にNATO離脱を開始したかったのであれば、 モスクワとのより高度な協力 ワシントンと北京から独立した欧州大国を創設するという目的を掲げて、彼はこれ以上にうまくやることはできなかった。もし欧州諸国が防衛をワシントンに委任したいと主張し続けるなら、パリは確かにガリアの伝統に戻る必要があるかもしれない。 「戦争を選択し、それに勝つ」能力.

同時に、英国労働党のジェレミー・コービン党首が、次の選挙に向けた進行中のキャンペーンの一環として演説し、NATOをテーマにしたフランス大統領のコメントに同意すると宣言したことに留意されたい。 。

- 広告 ​​-

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事