米空軍が再び「爆弾トラック」を検討中

これは、数十年にわたって繰り返されてきたコンセプトです、「爆弾トラック」です。具体的には、それは防御や機動性が不十分な装置ですが、非常に大量の空対地兵器を搭載し、要求に応じて複数の攻撃を行うことができるように長期間ステーションに留まることができます。地上軍の恩恵。これはまさに、米空軍内で世界規模の攻撃を担当するティモシー・レイ大将が、航空プログラムの買収担当ディレクターであるウィル・ローパー氏に再度尋ねたことだ。

長年にわたり、F15 イーグルから P737 ポセイドン海上哨戒機の基礎となったボーイング 8 MMA に至るまで、多くの「爆弾トラック」ソリューションが議論されてきました。 「安全な距離で」発砲でき、標的から離れた距離を自力で移動し、正確に命中させることができるスタンドオフ弾薬の登場により、この概念が再び浮上しつつあるようだ。しかしレイ将軍は自分の考えを明確にしたかった。同氏によると、「爆弾運搬車」は積載能力と自律性の点でいくつかの要件を満たさなければならないことはもちろんだが、コストと寿命の点でも、その装置は購入して使用するのに非常に経済的でなければならず、寿命が限られている必要があるという。約XNUMX年間。

オーストラリア空軍ボーイング JDAM ER2 1024x456 防衛ニュース |戦闘機 | 写真誘導爆弾
統合直接攻撃弾拡張射程 (JDAM-ER) は、最大 100 km 離れた目標に到達できます。

このニーズの表現において、アメリカの将軍が何よりも、対空脅威が(現時点では)まだ限定的であり、今日最も被害を受けている低強度交戦において効果的な装備を求めていることを我々は理解している。 男性ドローンの脆弱性軽攻撃機計画の中止。したがって、JDAMのように、大量の空対地ミサイルとホバリング誘導爆弾を搭載したこのタイプのいくつかの装置は、アフガニスタン、イラク、または南部のいずれであっても、敏感な地域での運用の永続性を確保する可能性が高いでしょう。サハラ地帯は、戦域のほぼ全体で重要な恒久的な交戦能力を備えており、定義上低速で武装の弱い無人機や戦闘機を法外な費用で維持するよりもはるかに低い費用で済む。 AWACS と同様に、一時的な運用の永続性を確保するには 4 機で十分であり、長期にわたる持続的な永続性を確保するには 6 ~ 7 機で、使用するすべての部隊に常に火力支援を提供できる必要があります。

実際、約3機の航空機があれば、米空軍は現在交戦しているXNUMXつの低強度熱交戦ゾーンをカバーすることができる。さらに、特に問題の航空機が、安全な遠隔基地から運用できる改造旅客機などの商用モデルをベースにしている場合、メンテナンスの労力も軽減されます。

このタイプの航空機が高強度戦域の上空に居場所がないことは明らかですが、その射程が空対地弾の射程を大幅に超える対空システムと、敵対する戦闘機が存在する可能性があるため、長期戦ではサヘルのような戦域では、現場に存在するヨーロッパ、アメリカ、または同盟軍からの要請に迅速に対応できるため、交戦中の西側軍に決定的な付加価値をもたらすだろう。これは、近年非常に多くの犠牲者を出した待ち伏せ攻撃の効果を大幅に低下させることになる。実際、レイ将軍が開発した概念は、フランス軍やヨーロッパ軍にも同様に簡単に適用できます。特にヨーロッパ軍はアメリカ軍と同様に、迅速に対応できる航空機メーカー、この場合はエアバスを自由に使えるからです。

スマートグライダー MBDA 防衛ニュース |戦闘機 | 写真誘導爆弾
戦闘機をベースにした爆弾トラックへの別のアプローチ、ここでは 36 MBDA スマートグライダーを装備したグリペン E

しかし、この問題には別の角度からアプローチすることができます。 弾薬のサイズを減らすs、飛行機のサイズを大きくしないでください。これはヨーロッパのミサイルメーカーが選んだ軸です MBDA とスマートグライダー、100km以上離れた目標を攻撃できる光滑空誘導爆弾で、戦闘機によって大量に搭載可能です。空中給油のおかげで、現代の戦闘機のような Rafaleは目標上空に数時間滞在することができ、これらの軽爆弾を 18 個、2 リットル缶 2000 個、MICA IR 2 個、流星ミサイル 2 個を搭載しています。 。

いずれにせよ、ウィル・ローパーがこの新しい要求に対してどのような応答をするのかを観察するのは興味深いでしょうが、後者は正確に元の状態に戻りたいと考えています。 戦闘機プログラムのより限定的でより専門的な管理。この意味で、このようなプログラムは後者のアジャイル分析グリッドに完全に適合し、すべての技術的要素がすでに利用可能であり、必要性と目的が完全に特定されています。

さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事