アーレイ・バーク、コンゴ、スーパー・ゴルシコフ: 現代の駆逐艦 - パート 2

この記事は、52 年 1 月 24 日に公開された、ホバート (オーストラリア)、タイプ 2021D/DL (中国)、世宗ル グランド (韓国) を紹介した記事「ホバート、タイプ 052D、世宗ル グランド: 現代の駆逐艦 – パート 22350」に続くものです。 )とコルカタ(インド)。 第 XNUMX 部では、コンゴ型 (日本)、アーレイ バーク (アメリカ)、デアリング (イギリス)、および XNUMXM スーパー ゴルシコフ (ロシア) という、現代駆逐艦の XNUMX つの主要クラスのパネルが完成します。

金剛型(日本、4+2+2台)

日本海軍の自衛隊は、 世界で3番目に強力な武装艦隊、ロシアと同等であり、アメリカ海軍と中国海軍にのみ屈服します。

そして、あたご型とまや型の4隻の重対空護衛艦に加えて、こんごう型の4隻の重駆逐艦が、約20秒の航続距離と並んでこの位置に大きく貢献しています。そうりゅう型とたいげい型の洋上攻撃潜水艦.

以下に示すアメリカのアーレイ・バーク級駆逐艦から派生したコンゴ級駆逐艦は、 有名なSPY-1レーダー そしてイージスシステムは、これまでタイコンデロガ巡洋艦と初代アーレイ・バークスにのみ装備されていました。

4 金剛の建造は 1990 年に開始され、1998 年に完成しました。これは、ソ連の超音速爆撃機 Tu -1M22 Backfire- と対峙しなければならないリスクを抱えながら、まだタータール システムと SM3-MR ミサイルを装備した天津風型駆逐艦を置き換えるためでした。 C およびその AS-4 ケルト超音速対艦ミサイルは、これらの艦の建造が決定された 80 年代後半に日本海軍によってますます真剣に受け止められました。

日本海軍は金剛型および派生型の大型現代駆逐艦 8 隻を編成
こんごう型護衛艦は、アメリカのアーレイ・バークに多くの地点で接近し、そこから AEGIS 主兵器システムと SPY-1D レーダーを採用しました。

積載トン数 161 トンに対して全長 10.000 m のコンゴウは、アメリカのバーク フライト I と同様に、SM-90 対空ミサイルや ASROC 対潜ミサイル、SM41 対弾道ミサイルを搭載するための 2 基の Mk3 垂直サイロを搭載しています。 2003 年の近代化以来。

127 mm 砲、ハープーン対艦ミサイル 8 基、ファランクス CIWS 2 基、三連魚雷発射管 2 基で武装が完成します。 バークスと同様に、コンゴウも SQS-53C 船体ソナー システムを備えており、ASM 能力を強化するために SH-60J 海軍ヘリコプターを実装しています。

全長 4 メートルを超えるあたご型駆逐艦 2 隻は、同じくタルタル システムを搭載したたしかぜ型駆逐艦の代替として 2004 年から 2008 年にかけて建造されました。 より汎用性の高いコンゴとは異なり、アタゴは対空および対ミサイル戦争、および北朝鮮の弾道ミサイルから日本の海岸を守ることに特化していました。

このため、艦船は日本の海岸をより良く保護できるように、コンゴウに装備されている SPY-1D の進化版である SPY-1D (V) レーダーを装備しましたが、海岸近くでより優れた性能を示しました。 . .

2隻はSM3対弾道ミサイルも搭載しており、コンゴスのような96基ではなく90基の垂直サイロを備えている。 ASM SH-60J ヘリコプターを実装するための格納庫とプラットフォームがあれば、それが搭載されることはほとんどありません。

両方 まや型護衛艦 は、タタールシステムを使用した日本海軍の最後の艦船であるはたかぜ型駆逐艦の代替として、2017 年から 2021 年にかけて建造されました。 「あたご」から派生した「まや」には、SPY-1D(V) レーダーや 96 個の垂直サイロなどの主な特徴が組み込まれています。

より現代的なものでは、弾道ミサイルだけでなく船舶や地上目標も攻撃できるSM-6ミサイルを実装することができる。 一方、この 4 隻の推進構造は、2500 基の LM-XNUMX ガスタービンをベースとした「こんごう」や「あたご」とは根本的に異なります。

マヤ側は、COGLAG (Combined Gas Turbine-eLectric And Gas) として知られるガスと電気のハイブリッド推進方式を実装しており、前任者よりもはるかに大きな電力を供給できるため、大幅な拡張性が得られます。将来的には、指向性エネルギー兵器システム、または レールガン電動キャノン.

アーレイ バーク クラス (米国、75 単位 +)

60 年代の終わりには、駆逐艦は水上艦の形式でしたが、米海軍の計画立案者の間ではもはやあまり人気がなくなり、バージニアや非常に成功した級の誘導ミサイル巡洋艦 (一部は原子力を搭載) の建造が好まれました。ノックスに続いてO/Hペリーが続くフリゲート艦。 実際、1970 年から 80 年代半ばまでにアメリカ海軍が建造を開始したのは、スプルーアンス級駆逐艦 35 隻、キッド級駆逐艦 31 隻の計 4 隻のみでした。


この記事はまだ 75% 残っています。購読してアクセスしてください。

メタディフェンス ロゴ 93x93 2 水上艦隊 |軍事海軍建設 |防衛契約と入札募集

レス クラシックサブスクリプション へのアクセスを提供する
完全版の記事広告なし,
1,99€から。


さらなる

2コメント

コメントは受け付けていません。

リゾー・ソシャウ

最新の記事