日本は潜水艦に中型巡航ミサイルを搭載したい

日本は冷戦中も比較的保存されていたが、ドイツとは異なり、戦後憲法の厳格な軍事力制限を今日まで維持している. したがって、東京にとって、自衛隊という名称で指定された日本の軍隊は、国の即時防衛を確実にするためだけに設計されています。 実際、たとえ日本軍が無視できないほどであったとしても、特に空軍は 240 機の戦闘機を配備しています。 150機のF-15Jを含む、 20 隻の潜水艦、36 隻の駆逐艦 (8イージスを含む)、8隻のフリゲート艦(最終的に22隻)、および2隻の軽空母は、最近まで、国の憲法に準拠して、長距離攻撃および電力投射能力を備えていませんでした。

しかし近年、中国の戦争努力だけでなく北朝鮮やロシアの脅威が強まる中、日本の当局の立場は大きく変化した。 このように、2019 年に安倍晋三政権は、安全保障問題に対応するために日本の自衛隊に課せられた厳しい制約を緩和することを約束し、翌年から F-35B戦闘爆撃機を実装できるようにするための出雲クラスのXNUMXつのヘリコプターキャリアの変換 これにより、海軍は 1945 年以来初めて XNUMX 隻の空母を装備できるようになりました。同様に、日本空軍は中距離および長距離ミサイルを装備することができました。 AEGISシステムの従来の迎撃能力を逃れる半弾道ミサイルやその他の極超音速ミサイルによって現在もたらされている脅威に対抗するための先制攻撃。

たいげい型潜水艦の防御解析 | 防衛契約と入札募集 | 潜水艦艦隊
新しいタイゲイ級潜水艦は、魚雷発射管が適合していれば、中型巡航ミサイルの実装に完全に適合しています。

それ以来、東京は、50 年代に連邦ドイツが行ったように、完全な防御兵器を装備するために、ゆっくりではあるが容赦のないスライドを続けてきました。 XNUMX 月に発行された新しい白書は、この変革を確認しています、特定された中国とロシアの脅威が見えてきたので、これは東京にとって初めてであり、日本にとっての「重大な脅威」です。 F-2の後継となる新世代のFX航空機や、 指向性エネルギー兵器システム et 電磁s、またはより伝統的には、タイゲイ級潜水艦とモガミ級フリゲート艦の到着による日本艦隊の近代化に伴います。 弾道の脅威に対応し、国の長距離攻撃能力を拡大するために、日本の自衛隊は、 現在、陸上砲台を装備している12式対艦システム, 射程1000kmの巡航ミサイルにする、地上のターゲットを攻撃できます。 当初は日本の戦闘艦艇と航空機を装備するために計画されていたこのタイプ 12 の進化版は、将来的には日本の潜水艦にも装備され、今後数年間で開発される中程度の変更バージョンです。


この記事はまだ 75% 残っています。購読してアクセスしてください。

Logo Metadefense 93x93 2 Analyses Défense | Contrats et Appels d'offre Défense | Flotte sous-marine

レス クラシックサブスクリプション へのアクセスを提供する
完全版の記事広告なし,
1,99€から。


さらなる

1つのコメント

コメントは受け付けていません。

リゾー・ソシャウ

最新の記事