フィンランド、韓国製K38サンダー自走砲9門追加発注

850 を超える砲兵システムが運用されているフィンランド陸軍は、間違いなく、ヨーロッパで最も印象的な火力密度を備えています。 ただし、H63 122mm 砲や H83 155mm 砲など、これらのシステムの大部分は牽引システムであり、現代の戦場では特に脆弱であることが知られています。 これを確信するには、シーザーや Pzh777 などの自走式システムと比較して、ウクライナでのアメリカの牽引された M2000 の比較損失に注意するだけで十分です。 さらに、この大砲の 3 分の 2010 は、2017 年代半ばの時点でも、ソビエト連邦から入手したシステムで構成されており、西側の対応物よりも効率と精度が劣っていました。 この弱点を克服するために、ヘルシンキは 48 年 9 月に、韓国軍の兵器庫から 160 基の韓国製 K48 サンダー自走砲を XNUMX 億 XNUMX 万ドルで注文し、XNUMX 基の追加システムのオプションを付けました。

2017 年から 2021 年にかけて韓国製の中古システムが納入され、フィンランド軍はすぐに満足しました。 2021 年 10 月、ヘルシンキは 30 の追加システムに関するオプションを行使しました。金額は 5 万ドルで、2021 つは 5 年に納入され、残りの 2022 つは 38 年に納入されます。ウクライナに対するロシアの侵略の始まりと NATO への立候補は、おそらくヘルシンキ当局は、計画されたオプション、つまり 134 の追加システムのバランスを 96 億 9 万ドルで引き上げました。これにより、フィンランドの艦隊は 5,5 K19.000 になり、軍隊を持つわずか 3.700 万人の住民の国であることがわかります。わずか XNUMX 人のプロの兵士を含む、国内時間でわずか XNUMX 人の男性を配備しました。

フィンランド Leopard2 守備分析 |大砲 |装甲車両の建設
フィンランド軍は239台の重戦車を並べる Leopard 2

K9 の登場により、それまでは 74 2S1 Gvozdika 122mm に依存していたフィンランドの自走砲と、70 年代初頭に就役したソ連製の自走砲の性能が大幅に向上しました。毎分 2 発の砲弾を発射し、最大射程は 1 km です。韓国の K2 Thunder は、自動装填システムのおかげで、毎分 20 ~ 9 発の発射速度を難なく維持できます。射程は 6 km です。推進力を加えた砲弾で 8km を超える。 さらに、韓国のシステムは、特に TALIN 禁止中央ユニット、GPS 測位の使用、および非常に強力な発射コンピューターのおかげで、ソビエトのシステムよりもはるかに正確であることが証明されており、最高のものと同じレベルになっています。フランスのシーザーやドイツの Pzh40 のような西洋のシステム。 さらに、K50 は移動性が高く、2000 馬力のターボ ディーゼル エンジンを搭載した広い履帯により、9 トンあたり 1000 馬力という驚くべき出力重量比を実現します。小型武器や砲兵の破片から保護されています。


この記事はまだ 75% 残っています。購読してアクセスしてください。

メタディフェンス ロゴ 93x93 2 ディフェンス分析 |砲兵 |装甲車両の建設

レス クラシックサブスクリプション へのアクセスを提供する
完全版の記事広告なし,
1,99€から。


さらなる

2コメント

コメントは受け付けていません。

リゾー・ソシャウ

最新の記事