DARPAのロングショット空挺戦闘ドローンは2024年に飛行します

戦闘機の機能をサポートおよび拡張するように設計された協調型戦闘無人機の登場は、ターボジェット エンジンや空対空ミサイルの登場に続いたものと同じくらい急進的な航空戦の進化を構成するでしょう。 ロシアの Okhotnik-B ドローンのような大型ドローン、Kratos Valkyrie のような消耗型ドローン、またはヨーロッパの FCAS および FCAS プログラムの下で開発された MBDA および Airbus Remote Carriers のような空中ドローンであれ、これらの機器は新しい機能をもたらすだけでなく、大きく変化します。戦闘航空作戦の実施。 このように、ステルスやデータフュージョン以上に、これらのドローンとそれらを制御できるデバイスは、真の新世代の戦闘機を形成します。

位置付けられるのは、この文脈においてである DARPA のロングショット プログラム。 2021年発売、これは、戦闘機または爆撃機から実装でき、検出器(レーダー、電子検出システムまたは電気光学)およびエフェクター(空対空)を搭載できる、ヨーロッパのリモートキャリアのような空中戦闘ドローンの開発を目的としています-空、空対地、空対地ミサイル、電子戦システム、爆弾、誘導弾薬)、F-35 Lignthing II や将来の NGAD などの戦闘機から直接制御できるアメリカ空軍とアメリカ海軍。 General Atomics だけでなく Lockheed-Martin と Norton Grumman も協力して初期調査を実施し、2022 年初頭に終了したフェーズ I は、2022 年 XNUMX 月に General Atomics の実現可能性調査のフェーズ II への移行を発表しました。全速力でプログラムを実行する DARPA ではよくあることですが、XNUMX 年の期限が設定されています。

ノースロップ・グラマン・ロングシュート防御分析 | 戦闘機軍用機の製造
Northrop-Grumman が公開した DARPA のロングショット プログラムのビジョン

General Atomics の広報担当者 C. Mark Brinkley によると、、実現可能性調査は適時にDARPAに送信されたため、General Atomicsは現在、2024年に飛行する必要があるプロトタイプの設計で構成されるフェーズIIIの契約の次の通知を待っています。 General Atomics がフェーズ II 契約の授与に続く露出から利益を得たという事実は、Lockheed-Martin および/または Northrop-Grumman がプログラムから除外されたことを意味するものではなく、General Atomics が現在フェーズ II を授与された唯一の製造業者であることも意味しません。 III プロトタイプ契約。 さらに、DARPA も、このプログラムのスポンサーである米空軍も、この技術が今日、中国軍の台頭を制御しようとする米国の戦略の中心であることを知っているため、単一の実業家がプロトタイプを開発することを望んでいない可能性があります。 .


この記事はまだ 75% 残っています。購読してアクセスしてください。

メタディフェンス ロゴ 93x93 2 ディフェンス分析 |戦闘機 | 写真軍用機の製造

レス クラシックサブスクリプション へのアクセスを提供する
完全版の記事広告なし,
1,99€から。


さらなる

1つのコメント

コメントは受け付けていません。

リゾー・ソシャウ

最新の記事