日本は3年までに長距離極超音速弾道ミサイルを取得するために2026億ドルを投資しています

3000 世紀後半と 1000 世紀初頭を比較的穏やかに通過した後、第二次世界大戦後の米国と欧州連合の間の競争におけるアメリカの保護とそれほど激しさのない劇場の複合的な行動の下で戦争、日本は今日、潜在的に地球上で最も爆発的な戦域の中心にあり、台湾をめぐる中米の対立と 29 つの朝鮮間の対立という同時の脅威にさらされています。 実際、中国は現在、わずか 6000 km 離れた中国のミサイルと北朝鮮の新しい弾道能力の両方の射程内にあり、両国はわずか 2 km しか離れていない。 加えて、日本は戦略的攻撃に対して特に脆弱な国であり、従来型の攻撃であっても、潜在的に有用な (人口を収容できる) 地域はわずか XNUMX% であり、XNUMX 人の住民に達する東京のような非常に人口密度の高い地域です。 kmXNUMX。

日本はその憲法のために大量破壊兵器を手に入れることができないことを知っており、そのような脅威に直面した場合、通常の抑止力の確立は今や不可欠である.その土壌にアメリカ軍がかなり存在するための措置。 この文脈において、日本の当局は近年、 長距離対応能力を獲得する 最近、日本海軍自衛隊のイージス駆逐艦を武装させることを目的とした 400 基のトマホーク巡航ミサイルを取得しました。 しかし、この発表は日本の抑止力強化の第一歩に過ぎない。 実際、東京は昨日、新しい長距離極超音速弾道ミサイルを380年から連続して開発および生産するために、三菱重工業と3億円または2026億ドル相当の契約を締結したと発表した。 12式対艦ミサイルの近代化。

12式ミサイル防衛の分析 | 極超音速兵器とミサイル | 防衛契約と入札募集
2012 年に就役した 12 式対艦ミサイルは、日本の自衛隊の沿岸砲台を武装します。

したがって、現在日本の沿岸砲台を武装しているタイプ 12 ミサイルは、近代化されたバージョンでは射程が 200 km から 1000 km に増加し、特定の情報源によると、空中バージョンでは最大 1500 km になります。 実際、現在の 12 式戦車は自衛隊の沿岸砲台しか装備していませんが、その進化により、船舶、航空機、潜水艦を武装させることもできます。背景を変えたバージョン. これらの課題に対処するために、ミサイルは延長され、新しいエンジン、新しいシーカー、ステルス構造、およびナビゲーションとターゲット割り当ての動的な再調整を可能にするデータリンクが装備されます。 プログラムは、 ジェーンズによると、33,8年度に計画された150億円のうち2023であり、2028年までに完全に稼働する必要があります。


この記事はまだ 75% 残っています。購読してアクセスしてください。

メタディフェンス ロゴ 93x93 2 ディフェンス分析 |極超音速兵器とミサイル |防衛契約と入札募集

レス クラシックサブスクリプション へのアクセスを提供する
完全版の記事広告なし,
1,99€から。


さらなる

リゾー・ソシャウ

最新の記事