GDPの2%で防衛努力をしているフランスは、国際舞台での役割を放棄しているのだろうか?

草案をめぐって国会での議論が始まるが、 2024年から2030年までの軍事計画法、国の防衛の野心は現在知られており、詳細が明らかになりました。

このように、 この LPM の発表された目的 今後の目標は、国の防衛努力を国内総生産の2%以上の水準に達成・維持し、68年の2030億ユーロから43年には2023億ユーロに引き上げることだ。

この新しい LPM により、多くの面で次のことが可能になります。 2017年に開始された軍隊の再建を拡張するXNUMX年間の過小投資により、ヨーロッパの他の地域と同様にフランスの軍事ツールは著しく劣化した。

実際、2019年に欧州理事会議長がフランス軍を「ヨーロッパ最強の軍隊」と公的に認定したとすれば、それは何よりも戦闘機の不足による勝利であり、当時ほとんどのヨーロッパ諸国は防衛に努力していた。 GDPの1,5%未満です。

防衛力は2%で、フランスの通常兵力はヨーロッパで最も装備が整っていない部類に入る。
フランスの通常兵力は、特に高強度領域においては、東ヨーロッパの通常兵力に比べて比例して小さく、軽武装である。

しかし、次期フランスLPMによって定められる予算の軌道だけでなく、同盟国であれ潜在的な敵対国であれ、この国を取り囲む他の国々が従う予算の軌道を考慮すると、2030年にはフランスがその影響力を大きく持ち始め、国際舞台での役割。

フランスの防衛努力の限界はGDPの2%

しかし、GDP 2% での防衛努力は、2014 年のカーディフ合意の際に定義された、大西洋同盟におけるパリの約束に沿ったものである。そのため、大多数のヨーロッパ諸国、より具体的にはヨーロッパ諸国、西ヨーロッパは、フランスの社会経済的状況は、今日、この限界を超えた防衛努力を目指しているわけではありません。

さらに、フランスは強力な抑止力を持っており、また開発しており、欧州の安全保障に非常に大きく貢献し、主要な世界機関、特に国連安全保障理事会の常任理事国における同国の地位を正当化しており、国連安全保障理事会は常任理事国としての地位を正当化している。アメリカ、中国、ロシア、イギリスと同じように。

しかし、この状況認識は、メディアでしばしば強調されているように、今日明らかになっている現実の一部にのみ対応しています。

Un Rafale ASMPA防衛政策ミサイルを装備したフランス抑止力の航空コンポーネントのF3。軍事同盟 |防御分析
フランスの抑止力は、潜水艦と航空の XNUMX つの要素に依存している。

ヨーロッパにおける通常の防衛努力の中で最も弱いものの一つ

実際、フランスは2030年に、NATO内だけでなく欧州連合内でも集団防衛努力に最も貢献していない国の一つになる可能性が高く、当然のことながら、このXNUMXつの分野でパリが示した野心とは対照的である。

なぜなら、フランスの防衛努力がヨーロッパの近隣諸国の大部分と同様に実際に2%になるとすれば、この予算のうちGDPの0,4%から0,5%がフランスの抑止力の努力に充てられることになり、実際には間接的に国の安全保障に貢献することになるからである。旧大陸では、それは決して NATO や欧州連合内の集団防衛に特化したツールではありません。

さらに、多数の海外領土と10万平方キロメートルの排他的経済水域を守る必要があるため、防衛予算の一部をこれらの領土の防衛に充てなければならず、したがって欧州の集団防衛が不足することになる。

言い換えれば、NATO、特にその加盟国の観点から見たフランスの防衛努力の現実は、全体的な防衛努力がGDPの2%である場合、GDPの1,35から1,5%の間となり、最も低い部類に入るということだ。現在ベルギーと同盟を結んでいます。


この記事はまだ 75% 残っています。購読してアクセスしてください。

ロゴ メタディフェンス 93x93 2 ディフェンス ポリシー |軍事同盟 |防御分析

レス クラシックサブスクリプション へのアクセスを提供する
完全版の記事広告なし,
1,99€から。


さらなる

6コメント

  1. 第三機甲師団? そして、なぜそれをするのでしょうか? 韓国、アメリカ、イスラエルの軍事装備を発注し、高速道路の建設を中国企業に委託しているポーランド人を助ける可能性があるだろうか?

    いわゆるロシアの脅威については、ロシアがウクライナのような小国を征服することができないことが証明されているのを見ると、それを信じるのは難しい。

    もし脅威が東から来て、我々が戦闘力に巨額の投資をしなければならないとしたら、米国が持たない独立した核抑止力を何十年も支払って維持してきたことに何の役に立つだろうか?ドイツかポーランドか? ?

    大陸大国であるドイツやロシアとは異なり、フランスは何よりも海洋大国です(英国や米国と同様)。

    私たちは、領土保全を確保することを目的とした抑止力を備えることで、1871年、1914年、1940年のような失望から身を守りました。

    優先すべきは、第 3 機甲師団で陸上陸軍を強化することではなく、ガイアナ、カリブ海、インド洋で追加の潜水艦とフリゲート (およびそれに付随するインフラ) を装備して国民海軍を強化することではないでしょうか。それは、私たちのEEZを適切に監視し、私たちの貿易ルートを確保できるようにするためです。

    イギリス人がフォークランド諸島で経験したことが私たちにも起こらないということは何もありません。 私たちとは異なり、ドイツ、ポーランド、イタリア、ハンガリー、ルーマニアは、世界中の海に広がる領土の安全を確保する必要はありません。

    我が軍は東ヨーロッパに適応した3つの重機甲師団(フォークランド諸島では全く役に立たなかった)を必要とせず、ニューカレドニア、レユニオン、ガイアナ、カリブ海、あるいは太平洋に遠征軍を展開するために必要な能力をすべて備えている必要がある。

    必要であれば、我々の防衛産業を信頼しているインド人、ギリシャ人、首長国連邦、カタール人、インドネシア人、エジプト人を助けましょう。 そこでポーランド人とドイツ人はいつもの供給業者でやりくりしよう。

リゾー・ソシャウ

最新の記事