エストニアとラトビアはバルト海の空を守るために共同でIRIS-T SLM対空システムに注目

ドイツのディール社の IRIS-T SLM 対空システムは、バルト三国の 2 か国、エストニアとラトビアがこの地域での軍隊のパフォーマンスを向上させるために共同で選択しました。

2022 年、GDP の 2% 以上を国防支出に投資した NATO 加盟国は XNUMX か国のみでした。その半数を占めるバルト三国は、資源が限られているにもかかわらず、予算の観点だけでなく軍事的、人的観点からもこの分野で模範的な努力を行っている。

したがって、人口わずか 1,3 万人、GDP 38 億ドルのエストニアは、1 年に GDP の 2023% に相当する 2,85 億ドルを軍隊に投入し、7500 人の兵士を国旗の下に維持しており、その半数は 11 の任務を遂行する徴兵で構成されている。数ヶ月の兵役期間、人口と比較した現役兵士の数はフランスのほぼXNUMX倍である。

一方、ラトビアはさらに好調で、人口わずか16.000万人に対して1,9万800人の現役軍人を擁し、GDP40億ドルに対して2,3億ドルの国防予算を抱えており、防衛努力率はXNUMX%である。

しかし、バルト海に面し、ロシアと直接国境を接するこれらの国々にとって特に脅威が存在するにもかかわらず、両国は軍事能力の点で重大な閾値影響を受けやすいため、海軍や空軍などの特定の能力の導入が非常に困難になっている。軍隊と現代の対空防御。

これまで両軍は、この地域では携帯型歩兵対空システム、ラトビア人向けにはスウェーデン製 RBS-70 とアメリカ製スティンガー、エストニア人向けにはフランス製ミストラルに限定されていた。 NATO同盟国がバルト三国に機械化手段に加えて航空・対空能力を配備する場合、リガとタリンはこの地域での自国の能力を増強するつもりだった。

IRIS-T SLM 対空システムはウクライナで成功を収めていることが証明されています
Iris-t SLM システムは特に柔軟性があり、さまざまなタイプの車両、レーダー、戦闘システムに依存できます。

この記事はまだ 75% 残っています。購読してアクセスしてください。

Metadefense ロゴ 93x93 2 対空防御 |ドイツ |エストニア

レス クラシックサブスクリプション へのアクセスを提供する
完全版の記事広告なし,
1,99€から。


さらなる

1つのコメント

コメントは受け付けていません。

リゾー・ソシャウ

最新の記事