アルメニア、モスクワ主導の集団安全保障条約機構から脱退すると脅す

木曜日にモスクワで予定されているアゼルバイジャンのイルハム・アリエフ首相との会談に先立って、アルメニアのニコル・パシニャン首相は集団安全保障条約機構であるクレムリン広場に外交爆弾を投下したばかりであると語った。 CSTOは、CISの枠組み内で外交政策の面でロシア周辺の一部の旧ソ連諸国を団結させるために2002年に設立され、特に対空防衛の拡大、参謀本部の統一、および軍備の統一などを含む防衛条約に基づいている。緊急介入部隊は、加盟国のいずれかが攻撃された場合に支援のために介入することになっていた。

CSTOは現在、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、アルメニアを中心とするグループで構成されているが、アゼルバイジャン、ジョージア、モルドバ、ウクライナは指定敵国グアムとも言える組織に属しているが、軍事的要素は含まれていない。 アルメニア支配下のナゴルノ・カラバフに対するアゼルバイジャン軍の攻撃中、モスクワは係争地域は厳密にはアルメニア領ではないと述べ、エレバンとともに介入することを拒否した。 ロシアの戦闘ヘリコプターがアゼルバイジャンのミサイルで撃墜されるには、XNUMX時間かかった。 モスクワは声を上げ、この紛争に終止符を打つ.

ナゴルノ・カラバフ紛争 軍事同盟 | ナゴルノ・カラバフ紛争アルメニア | ナゴルノ・カラバフ紛争
第二次ナゴルノ・カラバフ戦争でアルメニア軍はアルメニア軍に対して大損害を被った

この記事はまだ 75% 残っています。購読してアクセスしてください。

メタディフェンス ロゴ 93x93 2 軍事同盟 |アルメニア |ナゴルノ・カラバフ紛争

レス クラシックサブスクリプション へのアクセスを提供する
完全版の記事広告なし,
1,99€から。


さらなる

1つのコメント

コメントは受け付けていません。

リゾー・ソシャウ

最新の記事