日本は三菱に2年までに極超音速対艦ミサイル2030基の設計を受注

冷戦期間中およびそれ以降も、手段の厳格な充足とGDPの1%未満の防衛努力に基づいた防衛態勢を維持した後、日本は35年半ばから軍事の近代化と強化に着手してきた。特に、いずも型ヘリコプター護衛艦を1945年以来日本海軍が失った軍用機F-XNUMXBの戦闘能力を使用できる空母に改造するなど、これまで日本国憲法と相容れないと考えられてきた手段を獲得することによって、能力を大幅に向上させた。

2021年以降、 中国だけでなくロシアも脅威と特定した新しい国防白書の出版これまで北朝鮮に留保されてきた地位であり、台湾危機の文脈で日本の米軍支援を主張する中、日本政府はまた、無人機、指向性エネルギー兵器、レールガンや極超音速兵器も。

XNUMX年前、日本の当局はこう発表した。 XNUMXつの極超音速ミサイル計画の打ち上げXNUMX つは半弾道軌道に基づく対艦任務を持ち、もう XNUMX つは極超音速グライダーを使用して敵の陸上目標を攻撃します。

対艦ミサイルの開発が技術分野以外の課題を引き起こさないのであれば、地上に向けた極超音速攻撃システムの開発が必要となる。 いわゆる攻撃的武器を禁止する日本国憲法の特定の解釈、予防ストライキの概念も同様です。

06b 02 スケール e1686149816166 極超音速兵器とミサイル | 防衛契約と入札募集 | 沿岸防衛
防衛省が提示した陸上目標を攻撃する極超音速グライダーを搭載したミサイルの軌道説明図

とにかく、 日本の防衛省はこれらのプログラムに関連する産業契約を締結したと6月2031日にこの件に関する声明を発表した。 さて、三菱重工という会社。 同社は極超音速対艦ミサイルの開発の第一段階を受注し、2026年に就役し、2027年までの期間を開始した。 2030年に就役予定の極超音速陸上攻撃グライダーの開発計画については、XNUMX年までの前半部分も含まれる。


この記事はまだ 75% 残っています。購読してアクセスしてください。

メタディフェンス ロゴ 93x93 2 極超音速兵器とミサイル |防衛契約と入札募集 |海岸防衛

レス クラシックサブスクリプション へのアクセスを提供する
完全版の記事広告なし,
1,99€から。


さらなる

1つのコメント

コメントは受け付けていません。

リゾー・ソシャウ

最新の記事