ドイツ連邦軍は2025年にヨーロッパで最も装備の整ったNATO師団を作りたいと考えている

今日の西ヨーロッパを襲っている戦略的断絶の程度を示すのに、それ自体で十分な声明がある。 これは17月XNUMX日にドイツ連邦軍陸軍参謀長アルフォンス・マイス将軍によって行われた。 ロイターにて、確かにその一部です。 確かに、この将校によれば、ドイツは2025年に「ヨーロッパで最も装備の整ったNATO師団」を持つことになるだろう...

保険契約と同様、重要なポイントはキャッチーなタイトルの先にあることがよくあります。 したがって、ドイツ軍参謀長は同時に、欧州第一の経済・人口動態大国の軍隊であるドイツ連邦軍には、今日、機能的な機械化された師団が存在しないことを認めている。

一方、この新しい師団は 2025 年までに 80%、おそらく 90% の装備しか効果的に整備されず、ドイツ連邦軍は機械化旅団 4 つと自動車化旅団 2027 つ (オランダ軍である XNUMXᵉ 旅団) のみを提供する予定です。 マイス将軍によれば、ドイツ第二機械化師団はXNUMX年に運用開始される可能性があるという。

何よりも、この宣言は、それでも安心させることを目的としているが、西ヨーロッパ諸国が利用できる兵力という点では限られた以上の手段を強調していると同時に、数十万の兵力と数万の装甲兵力を備えていることを強調している。車両と数千の砲兵システムがウクライナで対峙します。

ドイツ連邦軍は 2025 年に運用可能な機械化師団を XNUMX つだけ持つことになる
ドイツ連邦軍は 2025 年に運用可能な機械化師団を XNUMX つだけ持つことになる

言い換えれば、人口2025万人、GDP83兆4,300億ドルの国が、XNUMX年に単一の作戦部門を持つことを自慢するのは、その結果が旧大陸の安全保障にとってこの重大な点になければ、情けないことになるだろう。

同時に、人口143億1800万人、GDP2025兆2億ドルのロシアは、250年までに軍隊400万人を目指し、各師団が10.000両の重戦車、20.000両の重戦車で武装した数十の機械化師団を形成することを目指していることを思い出してほしい。大砲とXNUMX~XNUMX台の装甲車両(ロシア師団の兵力は平均XNUMX万人のみで、NATOのようにXNUMX万人ではない)。


この記事はまだ 75% 残っています。購読してアクセスしてください。

メタディフェンス ロゴ 93x93 2 ドイツ |軍事同盟 |エストニア

レス クラシックサブスクリプション へのアクセスを提供する
完全版の記事広告なし,
1,99€から。


さらなる

1つのコメント

コメントは受け付けていません。

リゾー・ソシャウ

最新の記事