GDPの3%があればフランス軍はどうなるでしょうか?

「冷戦時代のように、フランス軍の防衛努力をGDPの3%にまで引き上げなければなりません。 » フランスやヨーロッパの防衛ニュースをフォローしている人なら、ここ数カ月でこの文を聞いたことがあるでしょう。

実際、特にヨーロッパでの脅威の展開、さらには核抑止力に関してさえ、LPM 2-2024が目標とする2030%の基準値の妥当性に疑問を投げかけており、これでは軍に将来を合理的に達成するために必要な手段を与えることができないように思われる。ミッション。

よくあることですが、この種の確信は、構築された仮説の分析よりも、強力な感情や、特定の歴史的、経済的、社会的、さらには軍事的近道に基づいています。

では、フランス軍が実際に国の GDP の 3% に相当する予算を持っていたとしたら、その軍隊はどうなるでしょうか?この仮説は脅威への対応に効果的でしょうか?何よりも、軍隊が対応しなければならない数多くの課題や制約を考慮すると、それは現実的かつ適用可能でしょうか?

冷戦時代から平和の恩恵に至るまでのフランス防衛努力の進化

1950 年から 1970 年までのフランスの国防支出は、平均して次のようなものでした。 国が毎年生み出す富の5%。この非常に高い割合は、冷戦とソビエトの脅威が組み合わさった行動、特にこの時期に差し迫ったものであることによって説明されますが、また、インドシナとアルジェリアで参加した2つの植民地戦争によっても説明されます。

ミラージュIV
ミラージュ IV は 1964 年から 2005 年までフランスの抑止力の航空部分を輸送しました。

何よりも同時期に、この国は第二次世界大戦とドイツ占領の結果から自らを再建し、再産業化と原子力を含む特定の技術分野に非常に多大な努力を払い、国の経済を大きく変えました。 。

だから、 フランスの一人当たり GDP は、10 年から 500 年の 16 年間で 000 ドルからほぼ 1960 ドルに増加しました。。 ザ 国のGDPフランスもまた、15 年の 1950 億ドルから 126 年の 1970 億ドルに増加し、1060 年には 1990 億ドル、2650 年には 2022 億ドルにまで上昇しました。インフレを調整したとしても、フランスがこれほどの割合を自国経済に充てざるを得なかった理由は理解できます。 1970 年までの防衛努力、そして 1980 年以降のこの努力の減少につながった理由の一部。

このような状況下では、1970 年の 3,06% という防衛努力と、経済的、社会的、政治的、産業的、技術的、さらには国際的な面でさえも、今日この国が同じ機能に捧げている防衛努力を比較するのは困難である。当時の彼らは何だったのか。

フランスの防衛努力の基準はGDPの2%に設定されている

しかし、軍隊は再建中であり、 防衛努力は約 2% であり、安全保障上の課題に対応するには非常に不適当であると思われる 特にロシアの経済と社会が変革して以来、軍隊と防衛産業が国家活動の中心に据えられ、具体化しつつある。

SSBNの勝利
勝利SSBNは、抑止任務を確実にするために検出されないままでなければなりません

そして当然のことながら、GDP 2% の防衛努力では、フランスの抑止力は 4 つの SSBN と 77 つの戦略爆撃飛行隊、わずか 000 人の兵士からなる強力な陸上作戦部隊にのみ依存することができます。 80万人の州兵の大部分がそう言っているのは事実だ。

この部隊が装備しているのは、わずか 200 両の戦闘戦車、600 台の歩兵戦闘車両、10 基を超える砲兵システム、および 20 ~ XNUMX 基の長距離ロケット発射装置であり、ロシアの防衛産業が XNUMX 年間に生産する量よりもはるかに少ないです。

フランス海軍も、唯一の空母、運用上の異常、6 隻の攻撃型潜水艦、3 隻のヘリコプター空母 (うち 1 隻は練習艦として機能)、および 15 隻の第一級フリゲートを備えており、これよりも優れているわけではありません。この大都市には 3 つの海洋ファサードがあり、地球上のすべての海に広がる最大の排他的経済水域を持っています。

空宇宙軍は最終的に戦闘機を185機に削減しなければならなくなり、そのうち約XNUMX機が核任務のみに専念し、約XNUMX機の戦術・戦略輸送機、約XNUMX機の空中給油機とXNUMX機のAwac、反撃機はXNUMX機未満となった。 -航空機および長距離対ミサイル用バッテリー。戦闘機パイロットの訓練や飛行隊のパイロットや加入者の訓練のための高性能訓練装置さえもなくなった。

Rafale 空軍
戦闘機が 185 機しかない空宇宙軍には、激しい紛争を長期間にわたって維持するために必要な体制がありません。

防衛は相対的な演習であるため、GDP 2%、兵員208万000人のフランス軍と、GDPの110%に相当する予算10億ドル、野戦兵力1,5万人のロシア軍を比較するのが適切である。 SSBN 12 基、ICBM 戦略ミサイル 500 基以上、戦略爆撃機約 2500 機、戦車 3500 ~ 5000 台、装甲戦闘車両および歩兵戦闘車 2000 台、自走砲とロケットランチャー 300 基以上、長距離対空砲台 XNUMX 基、千の戦闘機。

確かに、ヨーロッパにおけるロシアの脅威に対抗しているのはフランスだけではなく、多くの国が不利な勢力均衡を取り戻すために多大な努力を払っている。しかし、フランス軍はヨーロッパにおいて、フランス軍とは別に、同盟国であるアメリカ、場合によってはイギリスのみが資源を保有している。

フランスが軍事予算に 3% を充てたら、フランス軍はどうなるでしょうか?

これに関連して、防衛努力を3%に増やすことで、ロシアやヨーロッパなどの世界的な脅威に直面して、有利なパワーバランスを再確立することが可能になるだろうか?これは、これからわか​​るように、おそらく事実でしょう。

したがって、2 年から 3 年にかけて GDP の 1,5% から 2% に増加する軍隊の形態の変化は、2016% から 2024% に増加するときよりもはるかに敏感になるでしょう。実際、この最初の増加の結果として、上記のこれらすべてのおかげで軍隊の編成上の予算のバランスが取れた状態に戻すことができたものの、フランス軍は人員、装甲車両、航空機、船舶のいずれの点においても、2013年の白書が目標としている量を依然として尊重している。

フランス軍ルクレール
LPM 2024-2030 では、200 年以降に到着するはずの MGCS まで、ルクレール タンクを置き換えたり、近代化する車両 2040 両を増やす予定はありません。

逆に、3% に移行すると、2% への移行ですでにカバーされているすべての運営および開発投資に依存して、フォーマットの大幅な進化に正確に努力を注ぐことが可能になります。なぜなら、2023年のGDPが2650兆3億ユーロである場合、47%の防衛努力により、陸軍予算は80億ユーロからほぼ30億ユーロ、つまりXNUMX億ユーロの付加価値に増加することができるからです。

フランスの抑止力はロシアの脅威を封じ込めるために規模変更された

ロシアの脅威と欧州抑止力の再編の可能性に直面して、80億ユーロの国防予算により、フランス抑止力の運用可能性、特にSSBNを4隻から6隻に大幅に増やすことが可能となる。

実際、フランス海軍は 6 隻の SSBN を使えば、哨戒中の艦艇と今日警戒中の 24 隻に対して、XNUMX 隻を海上に永久に維持し、XNUMX 隻目は XNUMX 時間警戒態勢を無制限に維持することができます。

しかし、ロシアの潜水艦艦隊の力の増大だけでなく、水中監視無人機の大量かつ不可避の出現により、今後数年のうちに海上のSSBNが侵害され、その結果任務を遂行できなくなるリスクが増大するだろう。抑止任務。

しかし、海洋にミサイルを発射する原子力潜水艦が、これらの新しい手段によって哨戒中に発見される可能性が 3% であることを認めましょう。そのリスクは比較的低いと判断できます。これは、フランスが、そしてしたがって、ヨーロッパの抑止力は年間 10 日脅かされることになる。敵がこのリスクを潜在的に排除するには、少し辛抱するだけで済みます。

イスカンデル-M ロシア語
フランスの抑止力は、モスクワとの抑止対話に必要な語彙をすべて備えるために、イスカンデルM短距離対地弾道システムと同等のシステムを持たなければならない。

この記事はまだ 75% 残っています。購読してアクセスしてください。

メタディフェンス ロゴ 93x93 2 軍隊の予算と防衛努力 |守備分析 |核兵器

レス クラシックサブスクリプション へのアクセスを提供する
完全版の記事広告なし,
1,99€から。


さらなる

2コメント

  1. お疲れ様です

    冷戦時代のようにGDPの5%に達したら、フランス軍の形態はどうなるでしょうか?

    3 つの GAN、750 の NGF、および数千のニューロン タイプのドローン、1500 の MBT、1500 の LRM、および 10 の SSBN を使用できますか?

    借金/インフレ、税金/税/料金を増やすことなく、すべての武器/資材/軍需品の生産を最大化することはできるでしょうか?

    • 記事で説明されているように、この 5% の話は、フランスの経済と社会がまったく異なる構造をしていたまったく異なる時代に対応していました。心から言って、実際に総力戦に陥っていないのに、軍がどのようにしてGDPの5%の防衛努力を効果的に活用できるのか、私には全く理解できません。
      さらに、効果的な予算利益の恩恵を受けるためには、フランス軍の武器生産は輸出されたものと同等でなければなりません。したがって、この分野には、対応可能な市場という明らかな閾値が存在します。

リゾー・ソシャウ

最新の記事