ヨーロッパにおけるフランスの抑止力の拡大は、ロシアとの核紛争のリスクを増大させるのだろうか?

今年の1月XNUMX日に終わる一週間は、世界的な戦略方程式におけるヨーロッパ人の役割、この新たなヨーロッパの戦略方程式におけるフランスの役割、そして世界的な戦略方程式におけるフランスの役割に関して、過去XNUMX年間で比類のない激しさとなるだろう。これを達成するには、軍隊とフランスの抑止力が必要です。

これらのしばしば複雑な主題は、今週このサイトで公開された一連の分析で取り上げられました。同時に、フランスの世論も、この国の政治階級と同様に、この問題に関して特に意見が分かれているように見えた。

一部のフランス人は依然としてそうする必要があると確信しているが、 ウクライナとヨーロッパに対するロシアの脅威に対応するこれを達成するために、断固として、フランスだけでなくその抑止力もヨーロッパにおいて戦略的かつ推進的な役割を担っていること。一方、別の部分はこれらの仮説に断固として反対し、最終的には核による黙示録が起こる可能性を伴う紛争の長期化のリスクを強調している。

フランスの意見が分かれるのは、このような問題ではまれだが、客観性と方法論をもって扱われなければならない問題、つまりフランスの抑止力を他国に拡大するという問題を中心に展開している。したがって、ロシアとの直接的な、そして潜在的には核戦争の可能性はあるのでしょうか?

サラエボからミュンヘンまで、2つの歴史的トラウマがフランス世論を引き裂く

NATOとロシアとの間の潜在的な紛争の仮説が、アメリカ人やイギリス人を含む西側当局者によってますます公然と提起されると、ヨーロッパとアメリカの政治階級などの世論がこの問題で二分されることがよくある。

B2 スピリット・アス・エアフォース
欧州が攻撃された場合、米国はロシアに対して核攻撃を行う用意があるということは欧州人の心の中には疑いの余地がない。そして、米国の保護が強固で断固としたものである限り、このリスクはヨーロッパ人を攻撃しないほど十分に高いとロシア人が考えていることは確かだ。

しかし、フランスほど、世論の中でこれほど根本的な分裂にさらされている国はほとんどありません。フランスがウクライナに提供した支援、ロシアに対するフランスの姿勢、そして何よりもフランスがNATOの欧州パートナーを守るために抑止力の境界線を国境を越えて拡大する可能性に関するものだ。と欧州連合、この国の世論と政治階級の両方において、2つの陣営が断固として反対している。

サラエボ、同盟のゲームと第一次世界大戦

これらの疑問を巡って、フランスでは 28 つの深刻な歴史的および文化的トラウマが働いていると言わなければなりません。その最初の事件は、1914年XNUMX月XNUMX日にセルビア民族主義者によってサラエボでフランツ・フェルディナンド大公が暗殺されたことにほかならず、この暗殺によってヨーロッパ、特にフランスを第一次世界大戦に導き、XNUMX万人のフランス兵が戦死した。 。

の責任 同盟ゲーム フランスの歴史におけるこの痛ましいエピソードは、非常に疑問ではあるものの、フランスの集合的無意識に深く根付いていた。

ここはまた、第二次世界大戦前に絶えず繰り返されていた有名なフレーズ「ダンツィヒのために死ぬな」の起源と、偽りの戦争中のドイツに対するフランスの軍事行動における強調の欠如の起源の一部を探らなければならない場所でもある。 、ドイツ軍が最も脆弱だったとき。

動員 フランス 1914
1914年、フランス、ドイツ、オーストリア=ハンガリー、イギリスはいずれも対立路線にあった。フランツ・フェルディナント大公の暗殺は起爆剤となったが、第一次世界大戦の勃発には至らなかった。

この記事はまだ 75% 残っています。購読してアクセスしてください。

レス クラシックサブスクリプション へのアクセスを提供する
完全版の記事広告なし.

メタディフェンスは5周年を迎えます!

ロゴメタディフェンス 114 抑止政策 |軍事同盟 |守備分析

- 20% Classic または Premium サブスクリプションで、コード Metanniv24 を使用してください

この特典は、メタディフェンス Web サイトでの新しいクラシックまたはプレミアム、年間または毎週のサブスクリプションのオンライン サブスクリプションに対して、10 月 20 日から XNUMX 日まで有効です。


さらなる

5コメント

  1. 1870年、1914年、1940年に隣国から侵略を受けた後、私たちは、そのような事故が再び起こらないよう信頼できる抑止力を備えるために、数十年間にわたって数十億ドルを支払うことを共同で決定しました。そして、それはアメリカ、韓国、イスラエルの武器を注文するポーランド人のために提供されるべきでしょうか?

    そして、たとえポーランド人(または他の国々)が私たちから大規模に武器を購入したとしても、抑止力はそれを持っている人だけを守る保険であり、他の人を守ることはないでしょう。

    • それはすべて、私たちが社会共同体ではなく経済共同体として銀行家によって設立された欧州共同体に対して私たちがどのような配慮をするかにかかっています。私は連邦主義者ではありませんが、欧州共同体は依然として国民の自由と自己決定の価値観を持っています。それが彼らの政治関係者のためでなければ。

      この文脈において、フランスがこのコミュニティ内で核の傘を差し出すのは健全なことのように私には思えます。さて、この共同体全体もまた、自らに対して健全な態度で行動しなければならず、軍事装備に関してすでにメンバーを優遇し、自らを強化する契約を与えるという背景任務を背景にドイツ議会が組織的に行っているように見える党派的な立場を取ることを避ける傾向がある。他のヨーロッパ諸国に損害を与える産業。

リゾー・ソシャウ

最新の記事